植物

アルストロメリアの品種のインディアンサマーは何色の花?特徴は?

投稿日:

ユリズイセン科であるアルストロメリアは南米で主に生息し、種類も豊富です。

色とりどりの花は、普段から私たちの生活に色や安らぎを与えてくれますが、アルストロメリアの一種であるインディアンサマーの花の色はどのような色なのでしょうか。

流行はしているものの、まだ認知度は少ないインデアンサマーの他の種類とは違った特徴とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。 以下でご紹介していきますので、アルストロメリアに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

アルストロメリアのインディアンサマーの花の色と特徴

アルストロメリアの品種のインディアンサマーは、「ユリズイセン」という別名もあります。 細長い球根は、他の植物と同じように地中に根を張り広げていきます。

花の色には白やオレンジ、ピンクや赤など沢山の色がありますが、インディアンサマーの花びらはには条斑(じょうはん)といって黒い筋状の模様が入っているのが特徴です。

また条斑が入っている花びらと入っていない花びらがあり、3枚ずつバランスよく配置されている花がほとんどなので、その美しいコントラストについ見とれてしまうこと間違いないでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ガーデンアルストロメリア インディアンサマー 3.5号(e12)
価格:1980円(税込、送料別) (2019/11/30時点)

楽天で購入

 

アルストロメリアのインディアンサマーを楽しめる時期は?

花自体は春から晩秋まで楽しめますが、最盛期は5月~6月です。 花は大体ワンシーズンで終わってしまいますが、インディアンサマーに関しては非常に長い時間楽しむことができます。

アルストロメリアのインディアンサマーの管理方法は?

花の大きさはあまり大きくはないですが密集して咲いており、色も程よく強めに出ていますが、他の植物との相性はよく馴染みやすい花でもあるので寄せ植えもおすすめです。

従来のアルストロメリアと同様で、花の管理方法は決して難しくはなく、その場の環境にマッチすれば手間のかからない植物です。

 

まとめ

インディアンサマーは、葉も特徴的で紫がかったチャコールグレーという、なかなか見かけなることのない珍しい色をしています。

また、花自体も大きくはありませんが渋い雰囲気を醸し出しつつも力強い色を発しているため印象に残ること間違いなし!と言っても過言ではないでしょう。

まだあまり知られていないインディアンサマーですが、ガーデニングに取り入れたりお部屋に飾るなどしてワンランク上のお部屋を目指してみてはいかがでしょうか。

 

-植物

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。