会社・仕事

ヘッドハンティングされる人の特徴とは?転職との違いって何?

投稿日:2018年4月26日 更新日:

ヘッドハンティングとは勤めている会社とは違う他の会社から有能な人をより有利な条件を提示して引き抜きをすることです。

ビジネスは有能な人でも自分をどうやって売り込むかという競い合う世界です。

いかに自分を評価してくれていい条件で働かせてもらえるかが勝負だと私は思います。

そんなよい環境で働くためにヘッドハンティングをされやすい人はどんな特徴があるのでしょうか。

ヘッドハンティングされやすい人とは

どんなことがあってもタフな人

ヘッドハンティングされれば環境も変わり、人との付き合いも全て再スタートをきることになります。

そんななかでも気持ちが折れずに切り替えて仕事をバリバリこなせれる人はヘッドハンティングされやすい
人材と言えるでしょう。

特殊な技能や資格を所有している

手に職を持っている人はやはり強いです。

かなり優位に立てると思います。今からでも遅くありません。仕事をしながらでも、資格は当然、勉強をすれば取得することが出来るので、いつかヘッドハンティングされたいと思っている方は是非とも技能検定や資格取得に励んでみて下さい。

ヘッドハンティングだけでなく自分自身のスキルアップもでき、資格取得はどんなことでも
有利な立場に立てます。良き環境で働きたいのであれば力を付けることが大事です。

英語力・英会話力がある人

特殊な技能や資格を持っている人が有利だとお伝えしましたが技術や営業力を持った日本人でも今外資系では英語が通じなければ意思疎通が出来ないと
大きなデメリットとなることがあります。

一般的な職種でも英会話が堪能でコミュニケーション力を持つ日本人であれば大いにヘッドハンティングをされやすいでしょう。

誰よりもリーダーシップが取れる人

再スタートを切って、おどおど動揺してしまいそうな人はやはり選ばれないでしょう。

堂々と先頭をきって人を仕切っていき、自分が前に立って力を発揮することが

出来る人はやはりヘッドハンティングされやすい人材だといえるでしょう。

仕事仲間となじめる人

どんなお仕事でも仕事をする中で人間関係はとても重要です。

いくら優秀な技術や営業力をもってしても、仕事場で仲間と馴染めないとなかなか仕事を続けることは大変です。

ヘッドハンティングにおいて仕事仲間との関係がなじめるかどうかというのはやはりとても
重要なポイントとされます。

業務実績だけではなく、内面的な人間性もヘッドハンティングには大きな判断材料となります。

好奇心旺盛な人

好奇心旺盛な人が人を引っ張っていける力があって、どんなことでもポジティブに
考え、前向き。そんな人が特にヘッドハンティングされやすい人だと言われるでしょう。

幅広いことに興味を持てる人が特に有利だと言えます。

チャレンジ精神や判断力、決断力などがある人

ヘッドハンティングされる人と特徴としては、どんなことでも自分のレベルアップだけでなく
周囲の同僚や後輩の実績を残すためにもチャレンジ精神を多く持ち合わせている人が特徴といえます。

やったことのない新しいことにどんどんチャレンジしていくその姿は企業側に良い印象を持たれるでしょう。

ヘッドハンティングと転職の違い

ヘッドハンティングと転職はそもそも目的に違いがあります。

転職は企業側が求めている人材の条件がもうすでに定まっていて、転職する側も転職先への条件などを考えており、これをそれぞれで一致させることで転職という形に収まる。

また、ヘッドハンティングは企業側の条件だけでなく、企業へどれだけ貢献出来るか、収益の目的のために人材を企業側が探していく形で、企業が抱えている問題を聞き入れ解決していけるかを確認し採用され成立します。

転職は、つまり企業の事業とのマッチングに適した人に対して受け入れていく形で、ヘッドハンティングは起業の問題を解決するため頑張ってくれそうな可能性のある人に対して受け入れていくという違いがあります。

まとめ

今の勤めていらっしゃるお仕事に不満がある人は少なくないと思います。例えばもっと自分を評価してほしいや、これだけ頑張って仕事しているんだから給料をもって上げてほしいなど、要望は尽きないと思います。

ですが、実際思った通りには簡単には進まないです。

それは、もっと待遇の良い仕事に就きたいと思っているあなたにたくさんの技術やコミュニケーション力など力を付けることによって、さらにレベルアップした自分を見つけることができ、自分が望んでいる環境を叶えることが出来るはずです。

近年日本ではヘッドハンティングを主業務とした企業が増えています。
多くの会社員へのオファーが増え続けているのも事実です。
企業は競合企業をを潰すという考えで優秀な人を引き抜くという仲介企業もあります。

自分自身の力を評価し、力が発揮できる会社に移転させてくれるというのはよい話ですが、ヘッドハンティングに関しては十分に調べて、考え相談をして行動をすることが大切になります。

-会社・仕事

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。