会社・仕事 人間関係

気が利かないの意味は?気が利くようになる方法

投稿日:

「あの人は気が効く」「あの人は気が利かない」という会話を聞いたことがあるもしくはこのような会話をした事がある人は少なくないと思います。

このような会話をした時に気が効くは好印象、気が効かないは悪印象気に捉えられてしまい相手の印象を変えてしまうほど評価の一つになってしまう特徴だといえます。

気が効かないと思われた方は今後の人間関係に左右される可能性があるので、自分は果たして気が効く人間なのかどうか不安になり考えた事はありませんか。

今回は、気が効かない人の特徴、そして気が効くようになる対処法をお話ししていこうと思います。

気が効かない人の特徴

周りが見えていない

自分の周りの状況が見えていない為、今どういう状態になっていて次に自分かどうしたらその場が上手く進むのかなど先を読めないのです。空気を読めないとも言います。

それは自分の事だけしか見えていないので周りのことまで考えられていないので他の人からしてみれば「これしてくれてたらスムーズだったのに」や「今はそれじゃないんだけど…」などという感情になり、あの人は気が効かないという風に思われてしまいます。

他人を思いやれない

自分の事ばかりを優先してしまって、やるべき事をやったら終わりで他の人の状況、環境を考えずに手が空いたから手伝ってあげたらあの人も早く仕事が終わるんじゃないかなどという感情になりません。

なので、相手の事を考えずに自分の考えで物事を捉えて発言することが多いのであの人は空気を読めないと思われてしまいがちです。

言わないとやらない

先ほど書いたように周りが見えていなく、他人を思いやれないのでやって欲しいなと思っていてもイメージができずにその行動に繋がらないのがほとんどなので、して欲しい事や次の仕事を言ってあげないといけないという状況になりやすいです。

本人は仕事をこなしていっているつもりですが外から見ると指示待ちしている、積極性に欠けると思われてしまいます。

気が効かない事を自覚していない

気が効かない人は自分でその事を自覚していません。

他人から、あなたは気が効かない人だと指摘を受けて初めてそうだったのかと感じることが多いです。なので気が効かない行動はわざとではなく良かれと思ってしている事の方がほとんどなのですが周りの人にとっては迷惑だなと思われてしまいます。気が効かないと指摘をすれば別ですが、ほとんどの人は気をつかって迷惑だと感じていてもなかなかはっきりと本人言えないので悪循環になってしまいます。

ここまで読んで思い当たる所があり、もしかして自分は気が効かない人なのかも…と感じてしまった人もいるかもしてませんが大丈夫です。これから気が効く人に変わっていけば良いのです。では、どんな事に注意して変わっていけば良いのかお話ししていきます。

気が効くようになるにはどうしたらいい?

先を読む練習をする

気が効く人の特徴で相手より先にして欲しい事をしてあげる先を読むという行動ができるというのがあります。自分が次に何をしたらいいのかイメージをして行動してみる練習をするといいと思います。

先を読むというの簡単な事ではないので最初は難しく次の行動をイメージしづらい人は何をしたらいいのか人に聞くという事をしてもいいと思います。経験していくうちに段々とイメージした事がスムーズにいくようになり人に聞かなくても、人に言われなくても先に行動できるようになってきます。

自分が人にしてもらって嬉しい事を人にもする

他人の気持ちを考えるといってもどうしたらいいのかわからないという人はまず、自分だったらどうしているもらうと嬉しいのかという事を考えるといいと思います。

あなたがしてもらって嬉しい事は他の人も嬉しいのでそれをしてあげるだけなのです。人の為に何かをしてあげる事に最初はぎこちなさや恥ずかしさを感じるかもしれませんがそのうちに自分がしてもらったら嬉しい事は…と考えなくも自然と相手の事を思い行動する事ができるようになります。

相手の事を思い行動ができるようになると相手が次に何をして欲しいのかが少しづつでも分かってくるのでその場その場で臨機応変に対応できるようになります。

見返りを求めない

気が効く人は自分がした事に対して見返りを求めません。自然と相手の事を周りの事を考えて自然と次の行動に移して結果的にあの人は気が効くねと言われるようになります。全て自然と行なっているのです。
周りに見返りを求めようとすると自分が思う様にに相手の行動が伴わない場合、せっかくしてあげたのに…などと不満が出てきてしまいます。また、見返りを求めあれこやこれやとするとかえって余計なお世話になりかねません。あくまでも周りが、相手がスムーズにいく様にという事だけ考えて見返りは求めない方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自分が気が効かない人だったと気がついた人もいるかもしれません。でも大丈夫です。気がついたところがスタートでこれから少しづつ変えていけば良いのです。気が効く人になる様になる考え方もお話ししていきましたが、周りの人とコミュニケーションをよくとっているというのが前提にあるともっといいと思います。

普段からコミュニケーションをよくとっている事で相手の気持ちや行動パターンを読み取ることができる様になるのが早くなりますし、相手もまたあなたの事を理解してもらえるきっかけが増えてお互いに助け合える関係になりやすいと思います。
あなたの考え方、気持ち次第で周りは変えられるという事です。

-会社・仕事, 人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。