会社・仕事 人間関係

仕事ができない人の特徴と仕事ができるようになるための方法

投稿日:2018年4月12日 更新日:

あなたの職場には仕事ができない人はいませんか?そういう人がいる場合、もっと効率よく行動してくれたら、ストレスなく仕事がスムーズに進むのにと考えることがあるかもしれません。

そこで今回は仕事ができない人の特徴と仕事ができるようになるための方法について、ご紹介していきます。

仕事ができない人の特徴とは?

仕事のゴールがイメージできない

仕事をする上で重要なのは、まず仕事のゴールを定め、そこに向かって進む為に段取りを決めることです。

仕事ができない人は、ゴールのイメージが出来ず、そこに至るまでの段取りもできていません。

ゴールも見えておらず、段取りもないので不安定な状態で仕事が進んでいくのです。結果、何がしたかったかよくわからない状態で仕事を終えてしまうことも。

仕事のゴールがイメージできずに仕事を進めてしまうのは、仕事のできない人の特徴といえます。

仕事の段取りが悪い

時間をかけずに効率よく仕事をこなすことは、どんな仕事であっても重要なことです。

仕事ができない人は、仕事の効率や時間配分を気にせず、仕事を始めてしまう特徴があります。

あまり深く考えることなく仕事を始めてしまうので、当然のことながら仕事の段取りはまったくできていません。

なので、仕事の効率は悪いし、結果的に時間もかかってしまうのです。仕事の段取りができないことは、仕事ができない以前の問題かもしれません。

失敗を回避できない

仕事を進めていれば、成功も失敗も経験することでしょう。

でも、社会人として、仕事の成功はあってもできる限り失敗は避けるべきです。仕事ができる人は、予め起こり得る失敗を想定してそれを回避する策を考えます。

でも、仕事ができない人は失敗を回避する為の策を考えず、行きあたりばったりで仕事を進めてしまう傾向があります。そ

の為、仕事ができない人はうっかりミスが多く、周りを困惑させる機会が増えてしまうのです。

勘が働かない

色々な人が働く社内では、それぞれの部署で様々なことが起こっています。

新しいプロジェクトが進んでいたり、新たな取引先と契約したり、常に新しい動きが進んでいます。

仕事ができる人は、感を働かせて常に新しい情報をキャッチしにいきますが、勘が働かず目の前のことで精いっぱいになってしまう人はそれができません。

このようなことから、仕事ができない人は周囲との情報共有が苦手ということがいえるでしょう。

仕事ができるようになるための方法とは?

仕事のゴールを明確にする

仕事の段取りを検討する前にあるのが仕事のゴールだと思います。

会社や上司から求められているゴールに進む為にはどうしたらいいか逆算して段取りを検討していくものです。

このゴールへの理解があやふやだと、段取りが組めない為、ゴールの内容はしっかりと把握してくことが大事です。

そうすると、後々の段取り作りがスムーズになりますし、進捗状況を共有しながら仕事を進めることができます。

仕事の段取りを考える

何度もこなして慣れている仕事であれば、段取りは把握できていることと思います。

でも、初めての仕事の場合、仕事の段取りを検討することから始めていきます。

最終的に進めたい方向を明確にして、その為の段取りを細かく検討していきます。そうしていくことで、今やるべき仕事の内容が明確になりますし、それに沿ったスケジュールも作成することができるので一石二鳥です。

その習慣をつけていけば、仕事ができると思われること間違いなしです。

予め失敗をしない策を考える

失敗を恐れていては成功を生み出せませんが、起こり得る失敗は先に潰しておかなければなりません。

ゴールに向け、仕事を進める上で失敗する要素があればリスト化していきます。

そのリストを元に失敗のリスクを回避する策を予め検討しておくことが重要です。こうしておけば、失敗を回避する策ができる為、安心して仕事を進められます。

周りの動きを見て勘を働かせる

自分の仕事ばかり見ていると、周りの人の仕事や動きが目に入ってこないものです。

常に周りの人の仕事や動きを見つつ、勘を働かせて仕事をすると、自分にプラスになる情報が入ってくることもあるのです。

逆にそうすることで、他の人にプラスになることもあります。

会社で起きていることは、他人事ではなく全てがつながっていることです。

その為、組織の中で周りの動きを見て勘を働かせることは重要なことなのです。

まとめ

仕事ができない人の特徴と仕事ができるようになるための方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

残念なことですが仕事ができない人はどこの職場に行ってもいるものです。

仕事ができないのはその人個人の問題ということもありますが、実際には指導する側や環境に問題があることもあり、一概には言うのは難しいかもしれません。

でも、仕事も人生と同じように最終的には個人の努力次第だと感じています。組織の中であっても、自分の努力と振る舞い次第で変化を起こすことは可能なのです。

-会社・仕事, 人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。