友達

会社の人間関係がストレス!最悪な人間関係を良くする方法とは!

投稿日:2018年3月10日 更新日:

社会の中では、パワハラ、モラハラ、セクハラ……といった上司からのハラスメントや、重労働を課され、これに異を唱えられることが出来ない、仲間と一致団結したくても、手を差し伸べてくれる人はいない、そんな孤独な戦いを余儀なくされている人がいるのではないでしょうか。

また失敗が蒔いた種で、一瞬にして信頼を失ってしまったなど、ちょっとしたミスによって人間関係が崩壊してしまったという経験をした人もいるかもしれませんね。

今回はそんな切っても切り離せない、社会における人間関係について考えていきたいと思います。

あなたが社会で生きていくために、壊れてしまった人間関係、壊れそうな人間関係、良好でない関係を、あなたの手で直していきましょう!

会社の人間関係を良くする方法

全方面へ挨拶を

辛いことがあって、悲しい思いをしても、絶対に無愛想になってはいけません!きっと不満や意見は全方面にあるわけではなく、特定の場所だと思います。

それなのに常に不満そうな顔をしていると、今まで何かを思われていなかった第三者方面の不快感を煽ることになります。最初の印象というのは大事です。挨拶をし、自分の負の感情を挨拶パワーで消してやりましょう。

また挨拶をしない場所というのも、その不満な場所なのではないでしょうか。とっつきにくい、怖いという気持ちは萎縮させてしまいますから、勇気を出して挨拶をし、相手の印象を塗り替えましょう。

特定の人だけとつるまない

友達を作ってはいけないということではありません。ただし、常にある特定の人(男女問わず)といるとその相手との親密度は上がり、居心地の良い場所になります。

しかし傍から見ると、特定人物での集団は「何か不満があるのでは」「何を愚痴っているの」と不安に感じることもあるようです。何を考えているのか見当がつかないということだそうです。

積極的な傾聴

人間関係において会話はとても大切なコミュニケーションツールですが、自分が語ることよりも相手の話を聞く事の方が大切な力です。人は常に大なり小なりの承認欲求を持っています。

そのため心地よく自分の話を聞いてくれる人は特別な存在になります。どちらもが主張を言い合っていてもそこから生まれてくるのは「摩擦」と「衝突」です。

相手から信頼される、特別な存在になれることは、相手からの興味関心も自分に向いてきます。そうなってから自分のことも話すようにしてみましょう。

会社の人間関係でストレスとためない方法

パワーポーズを取る

パワーポーズとは、顔を前から上に向け、腕を上にあげることで、前向きな気持ちにしていくポーズのことです。

人間の動作は感情を物語ると言われています。つまり弱々しい動作は、たとえ思っていなくても相手に対し「怖いなあ」などと考えてしまい相手の少し強い圧にも負けてしまいます。

反対に堂々としていれば、どこ吹く風で意外にも相手の嫌な部分を気にせずにいられます。また不思議なことに「自分なら大丈夫」という心持ちになるのです。

たった2分で効果があるとされるパワーポーズ。起床してからすぐに習慣化してみてはどうでしょう。

色々な可能性を考えている

自分にも感情があるように、当然相手にも考えがあります。相手と全てが同じ考えであれば争うことはないはずです。ですがそうではないから衝突することを念頭に置いて関わるようにしましょう。

自分にはない考え方なのだと、相手の考え方そのものを盗み、自分の糧にしてしまうのです。常に変化していく日常を生きていくのに、固定観念は時として自分を苦しめてしまいます。

そんな時に新しい可能性として、可能性に出会えたことを相手に感謝しましょう。

時には逃げる

時には逃げてしまうのもありだと思います。どうしても一緒に仕事をするのが嫌なほどであれば、転職を考えるのも一つの道です。

それよりかはストレスを抱えすぎて鬱になってしまったり、体調不良が続いてしまったりした方が、会社としては迷惑な話ですし、これに罪悪感を抱いていては、自分のパフォーマンスも悪くなる一方です。

退職を申し出ることは勇気のいることですが、これも自分のため、会社のための一手なのです。

会社の人間関係に疲れた時の対処法

会社の人以外の自分の知人に相談する

会社で特定の人と関わることによるリスクは先ほど述べたので、「だったら旧友に相談したらいいじゃない」ということでこちらです。

当事者でない分、客観的な意見を得られるメリットがあります。また自分が信頼を置いている相手ならば、自分の性格や考え方に応じたマニュアルな会話にはならないのではないでしょうか。そして旧友に話すことで、自分のプライベートの時間を確保できているという充足感も同時に得ることができます。

自分の時間を作る

ひとりの時間が欲しんだ!というひとにはこちらです。カラオケやネットカフェ等に籠り、心置きなく歌ったり、映画を見たり、これ見よがしに自分の好きなことを邪魔されずにできる絶好の場所です。ただし、ある程度資金がないと場所代がかさんでしまう点が難点でしょう。

休みを貰い休養する

有給休暇に理解のある会社ならば、これが一番有効打だとは思いますが、なかなか難しいのも現実かも知れませんね。ですが、どうしても仕事に身が入らなくて、苦しい、そんな時はリフレッシュできる環境を体が欲しているのです。

難しい現実はありますが、自分がかねてから行きたかった場所へ行くも、ショッピングに行くも良し、少し遠出して、気分も場所もリフレッシュできると良いですね。

会社の人間関係で孤立してしまう人の特徴ってなに?

自己主張が強い人

自己主張が強い人が波風を立たせている状況は、簡単に想像がつくのではないでしょうか。残念ながら、「出る杭は打たれる」のが日本と言う国なので、自己主張が強く、他者に合わせられない人は嫌われてしまいます。

そのため、せっかく良い意見を提言しても他が頷かなければ埋もれてしまうのです。自己主張の強さは、良い方向でも悪い方向でも周りを離れさせ、孤独にしてしまいます。

仕事が「できる」人

この場合は多くの意味では「嫉妬」が考えられます。何でもそつなく、手早くこなせてしまう器用さんも、人間関係の中では孤立しがちです。

「いつも助かるわ」という労いで済めば良いのですが、「あいつばっかり……」と妬みの気持ちを抱かせてしまうようなので、こちらも高評価を貰える功績でも報われないパターンです。

敵対オーラを出しているから

敵対オーラというよりかは、近寄りがたいオーラと考えた方が分かりやすいかもしれません。みなさんの周りに、仕事は熱心だけれど顔が怖い人っていませんか?

そんな風に「何もそこまでパソコンに向かわなくても……」といった思いを抱かせてしまっている人は、話しかけづらいと相手に思わせ孤立しがちです。

まとめ

いかがだったでしょうか。特に新卒の人では春になると不安に思う人は多いかもしれませんね。ですが、人間関係を作るも壊すも本人次第です。是非参考に社会に向かっていってくださいね!

-友達

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。