人間関係 友達 心理

人と話すときに言葉に詰まる人の原因は?スムーズに話す方法をご紹介

投稿日:

人と話すときいつも言葉に詰まってしまう、とお悩みではありませんか?

言葉に詰まってしまうと相手に話が伝わりづらいだけでなく、内向的な性格だと思われてしまいます。とくに初対面の人や目上の人と話すときは、言葉に詰まるだけで大きく印象が変わるもの。
言葉に詰まる原因や言葉に詰まらないための方法をご紹介いたします。

言葉に詰まる心理とは?

緊張している

緊張しているときは言葉に詰まりやすいです。人前でスピーチするとき、上司にプレゼンするとき、好きな人、憧れの人と話すときなどなど…。
緊張するシチュエーションは様々ありますが、同じ状況でも緊張する人、しない人がいます。
そもそも緊張しやすい人は、その分言葉にも詰まりやすいと言えるでしょう。
「なにか言わなければ」「コミュニケーションを取らなければ」と思えば思うほど頭から言葉が抜け落ちていくような感じがするかもしれません。
緊張せずに人前で話すようにするには、まず自分の気持ちを落ち着けてリラックスする必要があります。

内気である

内気な性格の方も言葉に詰まりやすいと言えます。人前で話すのが苦手、注目を集めるのが苦手という性格から、つい言葉に詰まってしまうようになるのです。
緊張しやすいというのはトレーニング次第、場数次第で改善される可能性が高いですが、もとから内気な性格の場合はなかなか改善するのが難しいです。
しかし、内気な性格が言葉に詰まる原因ではないのかも。
他に理由があったとしても言葉に詰まるだけで「この人は内気な性格なんだ」と相手に思われてしまいます。とくに就職活動や取引先との商談など、しっかり話さなければならないときに言葉に詰まってしまうとその後のお互いの関係性にも影響が。内気な性格以外に言葉に詰まる理由がないか改めて考えてみましょう。

焦っている

「相手を楽しませなきゃ」「沈黙を続かせないようにしなきゃ」という焦りからなにか口に出すものの、その後の言葉が思いつかず言葉に詰まってしまうという経験はありませんか?
口数が多い理由に「話すのが好きだから」と「沈黙、つまらないと思われるのが怖いから」という二つの理由がありますが、後者の人と会話をすると、その後かなり疲れてしまいます。
相手の焦りや緊張が目に見えていなくても相手には伝わるもの。
さらに言葉に詰まっていると、聞き取ろうと努力する分ただ会話しているだけでも疲れてしまうのです。
楽しませようと思うがあまり相手に「もう話したくない」と思われてしまう可能性もありますので、本当に今話す必要があるのか考え直す必要もあります。

相手を意識している

話している相手のことが好き、憧れているという場合も言葉に詰まりやすいシチュエーションです。
相手を楽しませたいと思うサービス精神や、相手に嫌われたくない、少しでもいい人間に思われたいという見栄が先行して、言葉が出てこないようになってしまうのです。
好きな相手や憧れの相手と話す場合は、無理に自分を取り繕う必要はありません。相手の話しをじっくり聞き、あくまで聞き手に回れば、言葉に詰まる回数も減らすことができるでしょう。

言葉を詰まらせない方法とは?

相槌を打つ

言葉を詰まらせない方法の一つに相槌を打つという方法があります。
相手がなにか話し終わるとすぐに自分も話さなきゃ!と思うから言葉がとっさに出てこないのです。
まずは「そうなんだ」「へえ」「うんうん」と簡単な相槌を打つようにしてみましょう。
「それは大変だったね」など、まずは相手の気持ちを推し量るような言葉を選び、そこから自分の言いたいことを整理していくと、普段よりもスムーズに言葉が出てくるはずですよ。

呼吸する

話す前に、一度ゆっくり呼吸をしてみましょう。
深く吸って、深く吐いて。脳にたっぷり酸素を送り込むことで頭がすっきりして、言葉を選びやすくなりますよ。
また、緊張しすぎると無意識の内に呼吸が浅くなったり、止まってしまう場合もあります。
このような状態では本当に言いたいことも言えなくなってしまうことでしょう。
ゆっくり呼吸することで、その時間に頭の中で言葉を整理することもできますよ。

ゆっくり話す

言葉に詰まりやすい人は早口気味な傾向にあります。どんどん猛スピードで話していくので、結果的に言葉が追いつかず詰まってしまうのです。
それを改善するにはまずゆっくり話すこと。頭で言葉を組み立てながら話してみましょう。
ゆっくり、堂々と話すことで内気な性格のイメージを払拭することもできますよ。

言葉に詰まらずスムーズに会話しよう

言葉に詰まりやすい人の心理や対処方法をご紹介いたしました。
肝心な場面でいつも言葉に詰まってしまう、相手に話したいことが伝わらないという方は、ご紹介した心理に当てはまるところがないか、また今からできる改善方法はないか、チェックしてみてくださいね。

-人間関係, 友達, 心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。