男性 友達 女性 恋愛

幼馴染は恋愛対象になる?幼馴染との恋愛の仕方や注意点!

投稿日:2018年6月24日 更新日:

幼馴染が好きだけれど、今の関係が壊れてしまいそうなのが怖くて、なかなか言い出せない人もいるのではないでしょうか。恋人同士になりたいのなら、やはりそこから一方踏み出すことが大切です。

幼馴染という関係から、恋愛関係へと発展させるためには、何かコツなどはあるのでしょうか?

幼馴染と恋愛関係を築いていくのであれば、さまざまなことに気をつけなくては関係が崩れてしまうということもあります。恋愛する上での注意点についてもお伝えします。


幼馴染は恋愛対象になる?

幼馴染の恋愛については、男性と女性で少し考え方が違うようです。

ここでは男女別で幼馴染との恋愛についてまとめていきましょう。

男性が思う、幼馴染との恋愛

男性が幼馴染を恋愛対象だと思うかどうかという質問には、全体の66%ほどが恋愛対象であると答えています。半数以上の人が、幼馴染が恋愛対象になると考えていることがわかります。

しかし実際に幼馴染と付き合ったかという質問に関しては、6%の人が付き合ったと答えていて、94%ほどの人は気持ちを伝えることができていないようなのです。

幼馴染の女性を恋愛対象にみることはできるけれども、告白をする勇気を出すところにまでは至らなかったようです。

女性が思う、幼馴染との恋愛

女性が幼馴染を恋愛対象だと思うかどうかという質問では、56%の女性が恋愛対象になると思うと答えています。男性よりは10%減になりますね。これは男性が自分と同じ年齢である場合、精神年齢が幼く感じるためであるようです。

弟のように感じると思う人は20%ほどいます。しかし成長するにつれて、男性の精神年齢が成熟してくることで恋愛対象として考えるようになった、という女性もいたようでした。

そして実際に幼馴染と付き合ったことがあると答えた女性は、男性と同じ6%程度でした。幼いときに相手のことが好きだと感じてしまった場合、告白をしたり付き合うという年齢になるころには、お互いに付き合いが長くなりすぎていて、告白をするタイミングがなかったという理由が多いようです。


幼馴染との恋愛の仕方

自分とは違う性別である事を意識させる

まずは兄弟のような枠から抜け出さなければ いけませんので、自分とは違う性別として意識してもらえるようにしましょう。

女性であれば女性らしい部分を見せる、男性であれば男性らしい部分を見せるだけで「自身とは違う異性である」という事を意識するようになります。

家族のように思われている場合は難しいかもしれませんが他人であるという部分をみせなければいけないといえるでしょう。

知らない部分をつくる

何でも知っているような気持になっているのをなんとかしなければいけない場合もあります。幼馴染であっても成長するうちに会う機会は減っていくはずですし、一緒に過ごす時間も減っていくでしょう。

その間に自身だけの世界をつくるとよいでしょう。今まで知らないような自身の知らない部分をつくるとよいのです。

人間関係でも趣味でも何でも良いのでその世界を作りそこに熱中する事、そしてそれを伝える事で「知らない部分」に嫉妬する事もあるのです。

好きという想いを伝える

関係性があるために告白をするというのは難しいものです。しかし好きという想いをしっかり伝える事で変わってくるという事は多いでしょう。

好きと言われて嬉しくない人はいないはずです。そして「そう思ってくれていた」という事を知って、その人の事を意識するようになります。

その人の中で相手の事を考える時間が増えるので、それから自身も好意をもつという事は多いのです。

周囲に協力してもらう

環境にはよりますが、幼馴染の良いところは共通の友人がいるという事です。共通の友人であれば客観的な第三者の目線でアドバイスをくれます。

みんなでいる時などにアシストをしてくれる事もあるでしょう。

いつもと違う場所へでかけてみる

恋愛はある意味非日常なものでもありますので、あえていつもとは違う場所へ出かけてみましょう。

違う場所や違う雰囲気の自身を見せる事で、新しい一面をみて恋心がうまれてくるという事もあります。少し離れた場所にでかけるというだけでも新鮮で、自身も惚れ直すという事があるかもしれません。


幼馴染との恋愛の注意点

別れた時のことも考えておく

幼馴染とは共通の知り合いがたくさんいるものですから、付き合っているうちはよくとも別れるとなるとたくさんの人を巻き込む事にもなりかねないという事を考えておきましょう。いつもみんなで集まっていたのに、別れた事で気まずくなってしまうという事があります。

また家族も知っていれば、その両親たちの仲がこじれる危険性もあるのです。

なぁなぁになりやすい

少しずつ知っていく期間というのがないため、甘えた関係になってしまう事があります。

しかしどれだけ知っている相手でも恋愛関係になれば必ず知らない一面がみえてくるものです。そういった点を気にせずにいると甘えてしまい「分かってくれているはず」といったなあなぁの関係になる事もありますので注意しましょう。

お互いの両親の事も考えておく

両親に伝えるかどうかというのは環境や状況によっても変わるためふたりで話合い決める必要がありますが、お互いの両親に伝えるのかどうかについてはきちんと考えておきましょう。

そして両親を知っているからこそ想いをくむという事も必要です。両親からすれば昔から知っていて、どちらも自身のこどものように思っているかもしれません。

非日常を取り入れて刺激を与える

居心地が良いからこそダラダラしてしまいがちなので、意識して非日常を取り入れ、恋愛関係に刺激を与える事は重要となるでしょう。

まとめ

幼馴染ときくとなんだか素敵と感じる人も多いでしょう。実際に幼馴染がいる人、そしてそこから恋愛関係になったという人も多くいます。

憧れをもっている人が多いのですが、想像よりも難しい部分もあるのかもしれません。それでもやはり好意をもてば苦しみながらも両思いになり恋人になりたいと思うはずです。

その対象にみられるようになるためには努力をする事も必要となるかもしれませんし、付き合いを続けるうえでも考えなければいけない事もたくさん出てくるかもしれませんが、どんな関係でも大切な存在である事に変わりはないはずです。その上で好意があるのであればその想いは大切にした方がよいでしょう。

-男性, 友達, 女性, 恋愛

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。