ジャニーズ・アイドル

矢吹奈子の身長と高校や家族構成!田中美久と不仲説の真相は?

投稿日:2018年6月29日 更新日:

2018年の「第10回AKB48世界選抜総選挙」では、第9位を獲得し、見事選抜入りした矢吹奈子。人気急上昇中の矢吹奈子のプロフィールや気になる田中美久と不仲説の真相までご紹介していきます。

矢吹奈子のプロフィールと身長

矢吹奈子(やぶき なこ)は、子役から活動を始めており、2018年現在ですでに芸歴16年になります。

東京都出身で、生年月日は、2001年6月18日、現在17歳。小柄で身長は150cm。小学生低学年の時にAKB48を好きになり、渡辺麻友のファンに。

その後、指原莉乃のファンに変わり、握手会に参加するようになるその際にオーディションの誘いを受けるが、応募資格の年齢に達していませんでした。その後、2013年に行われたHKT48の第3期生オーディションに合格を果たします。

2016年「AKB48 45thシングル選抜総選挙」では28位でアンダーガールズに選ばれました。

矢吹奈子が通う高校は?

現役高校生の矢吹奈子。これまでどんな学校に通ってきたのでしょうか。

矢吹奈子は、東京都の出身なので、小学校は国立東京学芸大学付属世田谷小学校に通っていたようです。後に、オーディションを受けてHKT48に加入したので、東京を離れ福岡市内の中学校に通うことになります。

中学卒業後は高校に進学しているのですが、ネット上の噂によると矢吹奈子の通う高校は、高校1年生の試験で小学生の時に学ぶ分数の通分の問題が出てくるそうです。

芸能活動と学業を両立しながら、通信ではなく通学しているようです。福岡にも芸能コースがある高校があり、どこの高校かということは残念ながら定かになっていません。

矢吹奈子の家族構成

矢吹奈子の家族構成はどんな感じなのでしょうか。

矢吹奈子は、父親、母親、姉、妹の5人家族のようです。

3姉妹で賑やかそうなご家庭ですね。でも、矢吹奈子がHKT48のオーディションに合格後、福岡に行かねばならず、家族は分かれて暮らすことになります。

父親と姉は東京に残り、矢吹奈子と母親と妹は福岡に移ったのです。家族全員の応援があり、矢吹奈子は2018年の「第10回AKB48世界選抜総選挙」で見事9位を獲得したのです。

本人も選抜に入ったことを涙ながらに喜んだそうです。矢吹奈子自身も、自分のデビューの為に家族をバラバラにしてしまったことを申し訳なく感じており、いつか恩返しをしたいと思っていたそうです。

今回、選抜入りを果たしたことで、堂々と恩返しをしていきたいと述べていたようです。まだ、16歳なのに、本当にしっかりしていますね。

矢吹奈子と田中美久は不仲の真相は?

矢吹奈子は、HKT48の活動だけでなく、田中美久とコンビで活動することがあります。2人は「なこみく」と呼ばれており、注目されています。そんな同期で同学年の2人の間に不仲説があるそうなのです。その真相はいかなるものでしょうか?それは、2人の人気の格差が原因のようで、総選挙の順位等に差が出てきていることが理由のようです。総選挙のランキングを始め、握手会の人気やシングル選抜メンバーの選出など田中美久がリードしていたことから、2人の人気の差が出てきて、不仲になったのでは?と心配の声があったようです。その後、矢吹奈子もメディアでの露出が増え、人気を高めているようなので、不仲というより良きライバルといった印象があります。

-ジャニーズ・アイドル

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。