恋愛

女性が見せる好意のある男性へのサインとは?脈ありか脈なしか

投稿日:

好意がある男性には、女性からいくつものアピールサインが送られている可能性があります。
もし、あなたが気になる女性からなんらかのサインがあったと感じたならば、どのような意味があるのかを以下で見ていきましょう。

女性が好意のある男性に見せるサイン

サイン①さりげなくお誘いをしてくる

好意のある男性と関係を深めたいと思うものの、なかなか大胆にお誘いができないのが女性です。
そのため、さりげない誘い方をしてきます。
例えば「一緒にご飯に行かない?」と誘う女性もいれば、「この映画、見てみたいんだよね」「このイベントに行ってみたくない?」などとデートに誘います。
初めは断られてもあまりショックを受けないように軽いお誘いをしてきますが、回数を重ねるごとにカップルがするデートに近いお誘いをしています。

サイン②さりげなくボディタッチをする

女性から男性にボディタッチが多ければ多いほど男性に好意がある証拠です。
「好き」という気持ちが高まり、好きな男性の体温を感じたいという思いからボディタッチをします。
特に二の腕から下へのボディタッチは恋愛感情をアプローチしており、腕や手、指に触るたびに相手の反応を見ていることもあります。
ただし肩へのボディタッチに関しては、ただの友達としてのコミュニケーションの可能性が高いので、肩以外の箇所へのボディタッチがない場合は深く考えすぎないようにしましょう。

サイン③プライベートな話をする

好意のある男性には自分のことを知ってもらいたいと思うもの。
男性から聞かれたわけではないのに、家族のことや悩み事、過去のことなどを話してきます。
一方で会話で触れないのが過去の男性関係のことです。
男友達が多いと思われたり、軽い女だと思われないためですが、駆け引き上手の女性の場合は、あえて自分の男性関係を小出しにしながら話し、男性の反応を伺い自分に興味があるのかどうかを見ていることもあります。

サイン④男性の話に興味を示す

男性の話に興味を示すことで、男性に好意があることをアピールしています。
みんなで話している時でもしっかり相槌を打ったり、目を見て話を聞く、質問には即答したり質問をするなどして男性の印象に残ろうとしています。
好きな男性の話はどんなことでも嬉しく、楽しいと思っているので、話している男性側からも好感が持てるのではないでしょうか。

サイン⑤ラインがマメ

好意がある男性とはどんな時でもつながっていたいと思うため、ラインもマメです。
また、女性からラインが終わることもありません。
例えば、返事が不要な場合のメッセージに対してもスタンプを送るなどします。

好意のある女性からサインがあったらどうするべき?

女性が男性に対して気持ちをアピールすることはとても勇気のいることです。
もし男性側もサインを送ってくる女性に好意があるならば、男性側から積極的にデートに誘ってあげましょう。

女性は好意あるということをアピールできても、積極的に行動できる人は多くはありません。
また、女性は男性から告白されたいと思うものですのでリードしてあげましょう。

好意のある女性からサインが一つでもあったら迫っていい?

上記に当てはまるサインがあった場合でも、そのサインが必ずしも男性に対する好意というわけではありません。
一度だけ食事に誘われた、映画の話題になったときに見たいといっていた、背中を触られた、という場合でも、話の流れでそうなった可能性も十分あります。
男性が好意を寄せている女性と距離を縮めたいと思っても、女性は恋愛対象に思っていることもあるので、早とちりして後悔しないようにしましょう。

女性からサインがあった場合の注意点

女性からサインがあった場合、すぐに自分に対するサインだと思い込むのはやめましょう。
まずは、サインを送ってくる女性は本当に自分にサインを送っているのか。
そして、サインを送ってくる回数も気にするようにしましょう。

例えば、

  • 自分といるときにだけ恥ずかしがる。
  • ボディタッチが自分にだけ多い。
  • 自分の話をよく聞いてくれる。
  • 気にかけてくれる。
  • LINEをよくしてくる。

などというような、いくつものサインが続くようでしたら好意ががある可能性がとても高いです。

好意のある女性からサインがあったと思っても、すぐに告白をしたりカップルになろうとせず、ゆっくり距離を縮めていきましょう。

まとめ

好意のある女性や、友達だと思っていた女性からのサインに気づいた場合は焦らず行動しましょう。
女性もサインを送るたびに緊張していたり勇気を振り絞っていますよ。

-恋愛

Copyright© Glitter Infomation , 2020 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。