人間関係

会話が続かない人の特徴と原因は?雑談力の鍛え方と上手になる方法!

投稿日:

仲良くなろうと思っても会話が下手なせいで気まずい雰囲気になったり、会話が下手だと思いこんでしまい、言葉をうまく発せなかったりすることはありませんか?
今回は、会話が続かない人の特徴や原因、雑談力を鍛えて会話が上手になる方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!



会話が続かない人の特徴とは?

会話が続かない人の特徴①受け身である

相手の話に相槌を打つことは大切ですが、相槌ばかり売っていても会話が弾むことはありません。会話にもキャッチボールというものがあり、受け身だけでは相手からすると『つまらない』と思われてしまいがちです。また、受け身であることから相手も話のネタが尽きてしまうと会話が続かなくなります。

会話が続かない人の特徴②上から目線である

相手を見下す上から目線な人は、相手の話に否定をしてしまうことが多いです。『でも』『けど』『無理でしょ!』などと、否定ばかりし続けていると、相手も話す気力がなくなってしまいます。そもそも、相手はあなたからアドバイスをしてほしいと思っているわけではなく、話がしたいだけなので、否定されることに不快感を感じてしまうこともあります。

会話が続かない人の特徴③話を自分のものにする

自分がわかる内容の話は『わかる〜!』と、自分が話し始めたり、たとえ分からない話でもあたかも知っているようなそぶりで話してきます。会話が続かない人の中には、相手が話そうとしている話を横取りし、注目されたいと思っている人もいます。

会話が続かない人の特徴④ポジティブ

例えば友達が失恋した時も、なんとか励まそうとポジティブな発言をします。会話が得意ではない人は、とにかく話さなければ!と思い込んでいることが多く、沈黙が苦手なので、ただ黙って話を聞いてあげる、ということができません。無理に励まそうとするので、かえって相手を傷つけてしまっていることがあります。

会話が続かない人の特徴⑤否定する

ネガティブ思考だと、物事に対していいイメージは持たないので、否定的発言が多いです。『もしも』『こうだったらどうする?』『こうなったらどうしよう』と未来のことをネガティブに考えるので、会話が続くどころか『面倒な人』だと思われてしまいます。

会話が続かない人の特徴⑥目を見ない

スマートフォンを操作しながらだったり、何か作業をしながら話を聞いても、耳に入っていないことが多いので、返事も適当になってしまいがちです。相手の目を見て話を聞く、ということができていないと、相手は自分に興味がないんだ、と思わせてしまいます。

会話が続かない人の特徴⑦ライバル心がすごい

負けず嫌いでライバル心が強い人は、相手の話を受け入れてくれません。
とにかく張り合ってくるので、話をしていても威圧感を感じたり、時には見下したような発言をしてきます。



会話が続かない原因

会話が続かない原因①プライドが高い

プライドが高い人は、自分が相手に与える印象を過度に気にします。良い印象を与えるために常に考えているので、相手の話を横取りして自分が話の中心になり、『自分の話は面白いでしょ』と言わんばなりな話し方をしてきます。

会話が続かない原因②何を話していいのか分からない

これまで友達が少なかったり、家でも会話が少なかったりした場合、そもそも会話の仕方がわからないという人もいます。話したいけどなにを話していいのか分からない、という状況になっています。

会話が続かない原因③回転が遅い

とっさの質問や会話のフリに対応する能力が低いことがあります。会話の引き出しが少ない分、返しの引き出しも少ないので、うまい返しが出来ずにいます。

会話が続かない原因④緊張している

例えば、人と接することに対して免疫がないと、極度の緊張状態に陥りうまく会話ができない人もいます。相手との接し方がわからないので、どのように対応していいのかわからないでいます。

会話が続かない原因⑤自信がない

自分にコンプレックスがあると、その部分を隠そうと節目がちになったり、会話の内容に自信がないとあやふやな話し方をするなどします。とにかく自分に自信がない人は、相手の話を聞くより、早くこの場を立ち去りたいと考えているので、話が耳に入っていません。



会話を続けるためのネタ

会話を続けるためネタ①周りに興味を持つ

トレンドの情報集取をしておくと、会話が盛り上がりやすいです。例えばメイク用品やファッションなど、トレンドの情報をいくつか持っておくだけで、おしゃれに敏感な女性との会話は続きやすいです。

会話を続けるためのネタ②相談を持ちかける

自分の持っている悩みや相談事を持ちかけることで、相手は親身になって話を聞いてくれたりアドバイスをしてくれます。また、心の内を話すことで、相手も嬉しく思うはずですので、より一層仲が深まり、あなたが勝手に抱いている気まずさを軽減できます。

会話を続けるためのネタ③相手を観察しておく

相手の少しの変化にも敏感になれるようにしましょう。例えば、女性はヘアカットやヘアカラーをした時に、相手に気づいてもらえるとすごく嬉しい気持ちになります。そして、ヘアカラーの色やいった美容院の感想など、会話が続くので、相手のことを観察しておきましょう。

会話を続けるにはどうしたらいい?



会話を続ける方法①嘘はつかない

中心的存在になりたいからと、嘘の発言をする人もいますが、嘘は自分を苦しめます。また、嘘だということがバレた時、これまでの信用がなくなり周りから一線を置かれてしまいます。
会話が続かないからといって嘘の発言はしないようにしましょう。

会話を続けるの方法③自信をもつ

自信がない人は、小声だったり相手の目を見て話すことができません。このような態度では相手をつまらなくさせてしまうので、しっかり相手の目を見て明るく話すようにしましょう。

会話を続ける方法④ネガティブ発言はしない

あなたは、ネガティブ発言が多い人とポジティブ発言が多い人、どちらと会話をしたいですか?おそらく、多くの方が後者と答えるでしょう。ネガティブな発言は重い印象を与えてしまいます。なるべくポジディルな考え方や発言ををしましょう。

会話を続ける方法⑤悪口は禁止

悪口ばかりの会話や相手をうんざりさせます。また、あなたが話している悪口の相手は、相手からすると友達の可能性もあります。また、悪口ばかり話なしていると人間性も疑われるので、会話がしたいからと悪口を平気で言ったりしないようにしましょう。

会話を続ける方法⑥相手の話も聞く

自分の話ばかりをしていては、会話のキャッチボールができていないので、永遠に自分だけの話だけになり会話が続かなくなります。相手の話もしっかり聞き、相槌を打ったり共感したり意見を言ったりするなどし、会話のキャッチボールができるようにしましょう。



会話が続かないのは改善できる!

SNSの普及で、会話よりもメッセージでのやりとりが多い中、会話の仕方がわからないという人も多いです。人は生きている限り人と接し人と関わり、話し合ったり時には喧嘩をすることもあります。会話は人との繋がりに必要不可欠なものです。SNSでも会話はできると思っている人も多いと思いますが、画面越しより対面で話した方が、表情や感情もよくわかるので楽しいですよ。
私も会話が苦手でした。けど、最近は誰かと話すことが楽しくなりつつあります。
あなたも会話のことで悩んでいるならば、まずはとにかく誰かと話すことをおすすめしますよ。

-人間関係

Copyright© Glitter Infomation , 2020 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。