会社・仕事

フリーランスの確定申告はいくらから?扶養内で働くときの所得税と住民税について【2021年最新版】

投稿日:

フリーランスとして働き始めた場合に気になるのが「税金」。今回は、扶養内でフリーランスとして働く際の所得税や住民税・県民税についてご紹介します。

そもそも「扶養内で働く」の意味とは?

扶養とは、結婚して配偶者がおり、夫または妻が自分の税金や年金を一緒に支払ってくれている状況のことです。

フリーランスで働いた場合の申告するのはいくらから?

フリーランスで働いている場合に申告する必要がある金額は、住民税・県民税は96万5千円以上の収入がある場合。確定申告が必要なのは48万円以上の収入がある場合です。ちなみに、住民税・県民税の96万5千円は2021年現在の金額。

また、盛岡市の場合は、住民税・県民税の金額は6,000円かかります。




確定申告をしなくてもいい金額は?

扶養内で働く場合に申告しなければならない金額は、住民税と県民税は96万5千円以上、確定申告が必要なのは48万円以上の収入がある場合。

この金額より下回る場合は、申告の必要はないものの、源泉徴収をされている場合は申告をすることで払いすぎている場合は還付される可能性もあるため、申告をすることでお得になるケースもあります。




確定申告が必要な金額の計算の仕方

確定申告が必要なのは住民税と県民税は96万5千円以上、確定申告が必要なのは48万円以上の収入がある場合とお話をしました。しかし、中には収入から源泉徴収を引かれている場合、実際にもらった金額で計算をすべきなのかどうか悩む方もいるでしょう。

確定申告が必要な計算は、源泉徴収をされる前の金額を合計します。例えば実際に受け取っている金額は合計45万円だけれども、源泉徴収分が10万円あるとしたら、確定申告をする必要があるということです。




住民税・県民税と確定申告の差がありすぎ!?

住民税・県民税が96万5千円からの申告が必要なのに対し、確定申告が必要なのは48万円と差がありすぎると思う方もいるでしょう。しかしフリーランスの場合は、家庭内労働基準等の必要経費として、経費が掛かっていてもかかっていなくても55万円までだったら収入から引けるという制度があります。

この家庭内労働基準はフリーライターは適用されるとのこと。(盛岡市役所に確認済)中には適用されないケースもあるみたいです。この家庭内労働基準の必要経費を利用すると、実際には103万円まで稼げるということになります。計算してみると、6万4千円の差はありますが、住民税・県民税は6000円なので103万円まで稼いでもそこまで損にはならないのかな?と思うところです。




確定申告と住民税・県民税の申請のやり方

申告は、確定申告は税務署、住民税・県民税は市役所の2か所で申請をしなければならないと思っている方もおるかと思われますが、申告は税務署のみで大丈夫です。

税務署に申請すれば、必然的に市役所の税務課にも情報が流れるため自分で市役所に申請をする必要はありません。




まとめ

扶養内で働くことで支払う税金を最小限に抑えることが可能です。しかし、税金関係はよくわからず在宅で稼ぎたいけれど一歩が踏み出せないという方や、損をすると思い込んでしまう方もいるでしょう。

しかし、住民税・県民税は96万5千円から、確定申告は家庭内労働基準の必要経費を利用して103万円までなので、お小遣い稼ぎや生活費の足しにしたいという方も在宅はおすすめです。

-会社・仕事

Copyright© Glitter Infomation , 2021 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。