映画・ドラマ

鬼滅の刃の劇場版『無限列車編 』映画の内容と登場人物は?見た感想は?

投稿日:

アニメ化された鬼滅の刃は、瞬く間に大注目されとてつもない人気を集めています。
今回は、鬼滅の刃の劇場版の映画の内容や登場人物、見た感想などをご紹介していきます。




鬼滅の刃『無限列車』の映画を見た感想は?

https://twitter.com/12pxplove/status/1317072156006678539?s=21




鬼滅の刃『無限列車』登場人物

竈門炭治郎(かまどたんじろう)

心優しい少年。

鬼の血を浴びて鬼となった妹を人間に戻すことと、自分が不在の間に鬼に殺された家族の仇討ちのために厳しい鍛錬を受け、『水の呼吸』を取得。

鬼狩りの組織である鬼殺隊に入る。

嗅覚に長けており、血の匂いや鬼の急所などの匂いを嗅ぎ分けることができる。

竈門禰豆子(かまどねずこ)

竈門炭治郎の妹。

鬼は陽に当たると成仏してしまうため、日中は兄の竈門炭治郎が背負っているカゴに入っていることもある。

他の家族同様に鬼に襲われ、一命を取り留めるも傷口に鬼の血が入り込み鬼に変貌してしまう。

鬼になってからは人間を襲うことなく炭治郎や他の人間を守るように動く。

鬼となる前は、家族思いの心穏やかな優しい少女であった。

我妻善逸(あがつまぜんいつ)

炭治郎と同期の鬼殺隊士。

耳が良く、人や鬼などの”音”を聞き分ける。

自分に自信が持てず、とても怖がり。

極度の恐怖に陥ると眠りに落ち、別人のように頭の切れる性格へと変わる。

しかし、眠っている間の記憶はなく、自分が倒した相手が倒れていることにびっくりすることも多い。

血が苦手で炭治郎を拠り所にしている。

嘴平伊之助(はしびらいのすけ)

炭治郎と同期の鬼殺隊士。

常に猪の頭を被る不思議な風貌で『猪突猛進!』が口癖。

戦いを自ら挑むことが多い。

山育ちで触覚が鋭く、視界に入っていないものでも居場所を瞬時に捉えることができる。

猪の頭を脱ぐと、猪のイメージはないような美青年が男の子が現れる。

煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)

鬼殺隊の主軸となる“柱”のひとり。炎柱。

魘夢(下弦の壱・えんむ)

炭治郎たちの目の前に立ちはだかる特殊な能力を持つ鬼。

無限列車が疾走する中、「ねんねんころりん、こんころりん……」と奇妙な子守唄を歌う声を響かせる。




映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』あらすじ

蝶屋敷での修業を終えた“鬼殺隊”の竈門炭治郎たちは、次なる任務の地、《無限列車》に到着する。

そこでは、短期間で40人以上もの人が行方不明になっており、その捜査をすることに。

禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である《柱》のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を進む《無限列車》の中で、鬼に立ち向かい戦い始める。

鬼滅の刃の声優

竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
煉獄杏寿郎:日野聡
魘夢(下弦の壱):平川大輔




鬼滅の刃の劇場版『無限列車編』のまとめ

鬼滅の刃の劇場版『無限列車編』は、まだ公開されて間もないです。
ものすごい人気でチケットも販売開始とともにすぐにSouldOUT。
映画を見れた人の感想は、楽しく悲しく最高だったというものが多かったです。

テレビでも放送されているので、これからもますます注目ですね!

-映画・ドラマ

Copyright© Glitter Infomation , 2020 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。