ライフスタイル

嫌味な人への対処法や付き合い方は?嫌味な人の特徴や心理もご紹介

投稿日:

 

仕事やご近所関係、プライベートな交友関係の方達から嫌味を言われたり、嫌味な態度をとられたことがありますでしょうか?嫌味を言われると不愉快な気持ちになりストレスを感じたり、その相手に反論したくなる場合もあるかと思われます。ですが、立場や相手によってはトラブルを招いたり、反論することも出来ない状況もあるのではないでしょうか?今回は、嫌味な人の特徴や心理をご参考にして頂き、嫌味な人への対処法やうまく付き合っていく方法などをご紹介していきたいと思いますので、参考になさってみて下さいね。

 



嫌味なことを言う人の特徴や心理とは?

嫌味なことを言う人の特徴や心理①:プライドが高い

自分に自信を持つことは大切なことだと思われます。
ですが、嫌味な人は自分の性格や能力に対して自信があるがために、自分と誰かを比較することで自己愛を満足させたり、自分より下だと人を見ることにより、自分は人から認められる立場でいたいと言う気持ちが非常に強い傾向があるようです。そのため、自分より下だと判断していた人が、他の人から褒められ認められていたりすると、その評価が気に入らなくなり嫌味を言いたくなってしまうとも言われています。

嫌味なことを言う人の特徴や心理②:気持ちに余裕が無い

誰もが経験があることだと思われますが、仕事で忙しい時・時間がなくて焦っている時・家庭や友達とのトラブルなどで自分の思い通りにことが運ばず気持ちに余裕がない時に、他の人のちょっとした態度や声が気になる事はあるのではないでしょうか?嫌味な人は自分自身の状況しか見えていないため、他の人の楽しそうな態度や声が気に障り嫌味を言わずにはいられないとも言われています。
また、何故自分はこれだけやっているのに評価をされないのだろうか?などという怒りを心に持っている事が多いとも言われており、他の人の態度や評価を気にし、それが良いものであれば敏感に感じ取り、自分の中の怒りを自分よりも高く評価されている人に怒りの矛先を向けるとも言われています。八つ当たりと言われていたりもします。

嫌味なことを言う人の特徴や心理③:コンプレックスがある

嫌味な人はコンプレックスを抱えていることが多いとも言われています。他の人の態度や言動が自分のコンプレックスを刺激したり、自分がコンプレックスを感じることに敏感に反応してしまったりすると嫌味な人は耐えられずに自分を傷つけようとする人に対して嫌味な態度や言動に出てしまう場合があるようです。

嫌味なことを言う人の特徴や心理④:傲慢である

嫌味な人は完璧主義の人が多く、全ての評価基準が自分であるため、自分が出来るのだから他の人も出来て当たり前という気持ちでいる場合があります。他の人が出来なかった場合、それを許すことが出来ないと言われていたりもします。また、逆に嫌味な人は自分自身への怒り、周囲から認められない辛さを抱えてもおり、自分と同じ目に合えばいいなどという気持ちの歪みから嫌味なことを言ってしまうこともあると言われてもいます。

嫌味なことを言う人の特徴や心理⑤:自己防衛が強すぎる

嫌味な人は他の人から自分を認めてもらうことで自分の評価を実感したり、また他の人からの評価を気にしすぎるあまり、自分が傷つく前に、自分を守ろうとし攻撃をしかけてしまう傾向があるようです。自分に関する関心が強く、自分にとってこの人は敵なのか?味方なのか?を考えてしまい、周囲からの攻撃に怯えている弱い心を持っていることが多いとも言われていたりもします。



嫌味なことを言う人への上手な対処法と付き合い方

嫌味なことを言う人への上手な対処法と付き合い方①:堂々とした態度でいること

嫌味なことを言う人は自信のなさそうな人、大人しそうで気が弱そうな人に対して嫌味を言う傾向があるようです。ですので、普段から自分に自信を持ち堂々とした態度でいることを心がけることで嫌味を言われることが減ってくる可能性があります。
また、明らかに聞こえよがしの嫌味に対しては、表情を変えずに完全に聞こえないふりをして、「勝手に言っていれば良い」の気持ちでその場から離れてしまうのも良いかと思われます。

嫌味なことを言う人への上手な対処法と付き合い方②:嫌味なことを言う人だと認めてしまう

嫌味なことを言う人は嫌味を言いたくて仕方ないという人ですので、目の前で嫌味を言われた場合は腹を立てずに適当に相槌を打って受け流したり、嫌味なことを言う人を変えることは難しいので「嫌味なことを言う人種」なのだと決めてしまうのも対処法の一つだと思われます。「嫌味なことを言う人種」なのだと決めてしまえば、自分とは違う人種なのだから仕方ないと思えるようになり、その人が言う嫌味に対しても「また何か言ってる」程度にしか思わなくなるのではないでしょうか?

嫌味なことを言う人への上手な対処法と付き合い方③笑顔で対応してみる

嫌味なことを言う人は言った相手がネガティブな反応をするのを見るのが楽しいため、反発して腹を立てたような態度をとったり、傷ついたような顔を見せないのが重要とも言われています。ですので、笑顔で相手の話を聞きゆっくりとした口調で相槌をうったり、言われた嫌味をリピートすると良いとも言われています。例)「大した実力もないのに、運がいいんだね」「そうだね、運が良かったんだなぁ」。相手に自分自身で言った言葉を聞かせ考える時間をもたせることと相手の言葉を否定しないことです。
相手の嫌味を受け入れるのは難しいことかと思われますが、慣れてくると自分の心のダメージを受けず嫌味をかわせるようになってくる可能性もあります。

嫌味なことを言う人への上手な対処法と付き合い方④:敢えて感謝の言葉を言ってみる

向上心がある人で自分のスキルアップになりそうな言葉には、言われて辛い言葉でも「言ってくれてりがとう」など感謝の気持ちを持つことがあるかと思われます。もし、普段から嫌味なことを言う人が役に立つアドバイスをくれた場合「どうせまた?」と思うのではなく、相手を立てて言ってくれてありがとうと言う気持ちを持ってみるのはいかがでしょうか?もしかしたら、嫌味を言うより、こういうことを言えば相手に感謝してもらえるんだと思ってもらえる可能性も出てくるかもしれません。



嫌味なことを言う人は無視したらダメ?

嫌味なことを言う人というのは、言った相手と単に絡みたかったり、理解者や良い友人に囲まれている人を羨んでいることが原因で嫌味を言うという形で発散されているとも言われています。嫌味なことを言う人にも色々なタイプがあり、それに対して傷ついたり怒っていたりを続けていたら自分が疲れ果ててしまうこともあるかと思われます。

明らかに自分の人格を否定されるような嫌味に対しては聞こえないふりをして無視するのも一つの方法かと思われます。ですが、会社関係や近所付き合いなど立場や状況によっては、無視したくても出来ない場合もあるのではないでしょうか?この様な場合は「その様な見方もあるのですね」「勉強になります」「貴重な意見をありがとう」など反論もせず、自らの意見も語らず話の内容を終了・変更させるのも一つの案かと思われます。

まとめ

嫌味なことを言う人に対して絶対にしてはいけないことの中に、皮肉や嫌味で言い返さないというのがあります。これは、自分にも嫌味なことを言う人にとっても、お互いに何も得るものが全く無いからだと言われていたりもします。嫌味なことを言う人は、ある意味では自分の劣等感や不安・うまくいかない不満を誰かにぶつけることでしか解消出来ないとも言われています。

嫌味なことを言う人に関しては、冷静な目で見極めて事務的にさらっと対応出来るよう普段から心がけておくことや、ご自分にとって負担が少なく、うまく嫌味をかわせる方法をその時々の状況により選択することも大切だと思われます。

-ライフスタイル

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。