ライフスタイル

お年玉の相場はいくらもらってる?年齢別平均金額を徹底調査で驚愕な金額が明らかに!

投稿日:


子供にとってお正月といえばお年玉ですよね。でも、このお年玉で頭を悩ませてる人もいるのではないでしょうか。

自分の子供なら気にすることなくあげることができるのですが、他人の子供や親戚や身内の子供に関してはどのくらいあげたらいいのか悩むと思います。
特に、年齢によってお年玉の金額が変わりますから、他の人がいくらくらいあげているのか気になりますよね。

そこで今回、お年玉の相場はいくらなのかを年齢別に紹介していきたいと思います。

お年玉の相場を年齢別に調査!

お年玉の相場!小学生の場合

低学年

小学1年生〜4年生までの低学年なら、大体500円〜3000円のお年玉をあげる人が多いです。

小学1年生なら保育園や幼稚園を卒園したばかりですよね。ですので、小学1年生の子には500円という人も意外と多いです!
500円だと少なすぎない?ものすごく悪いような気がする!という人は、1000円くらいが丁度いいかもしれません。
2年生以降になったら2000円、3000円とにするとよいでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仮面ライダージオウ札用ポチ袋(お年玉袋)(41-8596)
価格:97円(税込、送料別) (2018/12/10時点)

高学年

小学5年生〜6年生までの高学年なら、大体3000円〜5000円のお年玉をあげている人が多いです。
小学生に5000円はまだはやい!!という人は、小学生の間は3000円だけと決めている人もいます。
小学5〜6年生になると、お友達と出かけて買い物をする年齢でもあるので、金銭感覚を常識あるものにするためにも3000円〜5000円が妥当と言えます。

お年玉の相場!中学生の場合

中学生となれば思春期で難しいお年頃ですよね。さらに反抗期真っ只中という家庭も多いのではないでしょうか。
小学生とはうってかわって金銭面にしっかりしてるくる年齢でもあります。

お金に関して自己管理が備わってくる時期でもあり、欲しいものも出てきたりしますがあげすぎてしまってはいけません。

5000円が妥当です。

お年玉の相場!高校生の場合

高校生になると自分のお小遣いは自分で稼ごうとバイトをする子がいると思いますが、バイトは禁止!!という家庭もあることと思います。
そんな高校生でもまだお年玉は楽しみに待っていますよね。

高校生も何かと難しいお年頃でもありますが、お年玉の金額の平均は7000円でした。

お年玉の相場!社会人の場合

10代

18歳になったら高校を卒業して働きだしたり、大学へ進学という子供がほとんどでしょう。
高校卒業したら大人と見なしお年玉をあげないというケースや大学を卒業するまではお年玉をあげるというケースもあります。

ではお年玉をあげている人はいくらあげているのでしょうか。大体5000円〜10000円が妥当です。少なくても5000円という感じです。
一万円以上を渡しているという人は稀にいるかもしれませんが、いないほうが多いです。

20代

20代なら社会に出て働いていてもう立派な大人ですよね。お年玉をもらう側ではなく、あげる側になっている人が多数ではないでしょうか。

稀に親戚の方や身内の方からお年玉をもらうことがあるかもしれませんね。そのような場合には、5000円~10000円が多いです。
ですが、家族からもらうって人ほとんどないのではないでしょうか。もしもらえていたとしたら嬉しい限りですね。

まとめ

お年玉を渡す側にとっては、毎年いくらあげていいのか悩んでた人も多いです。
「いくら家庭の事情があるとはいえ、そういうわけにはいかない!!」とお年玉袋にいれる金額を無理していた人もいたのではないでしょうか。ですが、無理をしてまで入れる必要はありません。自分達が負担にならないような金額で構わないのです。少なすぎも常識はずれなような気もしますが、あげすぎるのも良いこととは言えません。
ですから、こちらの記事を基準にお年玉の金額を決めてみてはいかがでしょうか。


-ライフスタイル

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。