恋愛

浮気の罪悪感が辛い!恋人と向き合い自分を責めすぎるのをやめる方法

投稿日:

恋人のことが好きなのに、流されてつい浮気してしまった……。その罪悪感で苦しんでいませんか?

浮気前のように、恋人と楽しく付き合っていきたいなら、 恋人と向き合い自分を責めすぎるのをやめなければいけません。 それはどんな方法なのでしょうか。お伝えします。

浮気の罪悪感が辛い

ただの遊びでつい浮気した後、心の中は、罪悪感という名のモヤモヤした気持ちでいっぱいになってしまった。

どうしてこんなにも罪悪感に圧迫されているのだろう…。まずなぜこのような気持ちになっているのかを確認していきましょう。

大好きな恋人を裏切ってしまった事の重大さに気付いてしまった

浮気をしてはじめて、大好きな恋人を裏切ってしまったことの重大さに気づいてしまったのです。

一度浮気をしてしまうと、恋人に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまうんですよね。

自分を大切にしてくれている相手を裏切ってしまったのですから。

どんなに後悔をしても取り替えしがつかないから

どんなに後悔をしても、取り返しがつきません。

だって、浮気さえしなければと思っても過去に戻って人生をやり戻すことができないからです。

やってしまったことを消すことはできません。

いつ浮気がバレるのかという危機感が一生つきまとうから

恋人が知ったら終わりだと思っているので「いつバレるのか」という危機感と一生隣り合わせになると分かることでも、罪悪感が消えません。

大好きな恋人が浮気をしたことを知ったら、絶対に別れを告げられるし、人によってはそれ以上のことをされてしまうと感じているかもしれませんね。

浮気をした事を謝る事さえできないので、八方塞がりだから

浮気をしたことを謝ることさえできないので、八方塞がりになってしまっているからということも。

何か悪いことをしたとき、私たちは基本的に誰かに謝るようにしていますよね。
そうだというのに、浮気に関しては誰にも謝れません。

だって謝ったら、そこで浮気がバレてしまうからです。

恋人と向き合い自分を責めすぎるのをやめる方法

浮気の罪悪感を持ち続けたまま、恋人と付き合い続けるのは辛いですよね。でも、恋人のことを本当に好きで別れたくないなら、罪悪感を上手に消化して手放したほうが良いです。

そこで、すでに浮気したことへの強い罪悪感を持っている場合の、恋人に向き合い自分を責めるのをやめる方法を紹介します。

4つの方法を紹介しますが、まず恋人に打けない方法を紹介します。こちらの方法は浮気を打ち明けないけど、恋人に向き合い自分を責めるのをやめることになります。

恋人に秘密を持ったことが罰だと受け入れる

罪悪感とは自分は罪を犯したという意識。罪を犯せば当然罰が与えられます。その罰を受けることで罪を償うことができるのです。

恋人に「浮気」という大きな秘密を抱えて苦しんでいることこそが、浮気をした罰なのだと、そう考えて苦しみを受け入れてしまいましょう。そして、充分な罰を受けたと、自分を納得させるのです。

罪悪感は自分の感情です。自分の気持ちの問題なので、もうじゅうぶん罰を受けたと思えれば、罪悪感を軽くすることができるでしょう。

浮気を戒めに優しく素敵な人になり、恋人を大切にする

浮気をして強い罪悪感に苛まれていますが、それが原因で恋人に違和感を与えたり過度に心配させたりするのは、さらに罪を重ねることと同じだと、そう考えてみませんか?

浮気した罪悪感から恋人への態度が激変したことで、恋人を不安にさせていたとしたら、それが恋人を傷つけていることになってしまいます。

恋人のことを思うなら、浮気のことは割り切って、今まで以上に優しく素敵な人でいたほうが、お互い幸せな気持ちでいられます。

だから、こう考えてみましょう。浮気をしてしまったけど、それがきっかけで恋人の大切さを再確認できた。この浮気があったからこそ、もっと恋人を大切にしようと思うことができたのだと。

恋人を大切にして、ふたりの関係がもっと深まれば、結果オーライと言えるでしょう。そう考えることで、浮気の罪悪感を軽くすることができるはず。

完璧な人でいられなかった自分を許す

浮気に強い罪悪感を持つのは、「恋人の前では完璧な人でいたい」という思いが少なからずあるからではないでしょうか。恋人の期待に応え、純粋で一途な人でいたいという思いがあるから、それに反する行為をした自分をいつまでも許すことができないのでは?

「完璧な人間などいない」と、開き直ることで罪悪感から解放されるという方法があります。自分を許すというのは、人には弱い部分があると受け入れることなのです。

人は不完全だからこその魅力もあります。弱い部分があるから、人は補い合って愛を深めていくのです。これは恋人にも言えることです。

もし、恋人が今後何か間違いを犯したとき、大きな気持ちで受け止められるようになります。自分が過ちを犯したからこそ、恋人を理解できるようになれるのです。

そうやって、無理にでも思考をポジティブにすれば、浮気の罪悪感から少しずつ解放され、いつか自分を許すことができるでしょう。

最後に恋人に打ち明ける方法はですが、リスクを伴うので上に挙げた方法でも罪悪感から解放されず辛い時に実践してください。

別れを覚悟して浮気をカミングアウトする

秘密を抱える限り、罪悪感から解放されないと思うのであれば、別れを覚悟して恋人に浮気の事実をカミングアウトするという方法があります。浮気したことを正直に話し、その後の決断は、恋人に一任するのです。

秘密に対して罪悪感を持っている場合、どんなに自分を納得させようと思考を転換させても、どうしても「大好きな恋人に秘密を持っている……」という事実は変えられないので、罪悪感から抜け出すことが困難です。

でも、すべてを打ち明けた上で、恋人から許しを得ることができたら、きっと罪悪感から解放されます。もちろん、許してもらえるかどうかは、恋人次第。

そして、打ち明けることが恋人のためとは言い切れません。正直に話すことで、恋人を苦しめる可能性があることを考えてから、それでも打ち明けるかどうかを決断してください。

まとめ

浮気をして罪悪感を持つのは、当たり前だと思います。問題は、これからどういった選択肢をとるかということ。浮気の罪悪感から安易に別れを選ぶのは、ふたりのためにはなりません。

人は誰にだって間違えてしまうことがありますから、自分をそこまで責めないでください。恋人のことが好きなら、これからもっと大切にすれば良いのです。

他の誰でもない、自分自身が、自分のことを許してあげてくださいね。

-恋愛

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。