男性 心理

ナンパをする男性の心理とは?ナンパをしてくる男性はチャラい?

投稿日:2018年5月23日 更新日:

街へ遊びに行くとナンパをしている男性を見かけませんか?

気になる女性がいると次々と声をかけているような男性は、女性から見るとやはりチャラく見えるものです。

そんな風にナンパをする男性の心理はどういうものなのでしょうか。 また、ナンパをしてくる男性は本当にチャラいのでしょうか。

今回は、そんなことをテーマにご紹介していきます。

ナンパをする男性の心理とは?

手っ取り早く女性と知り合いたい ナンパをする男性の心理として代表的なものは、何よりも手っ取り早く女性と知り合いたいということです。

一般的な出会いの場合、学校や職場で出会ったり、友達に紹介してもらったり、それなりに時間がかかるものです。

しかも、時間をかけても思うような出会いでない場合もあり、なかなかうまくいかないことも。

でも、ナンパであれば、性格はともかくとして、少なくとも見た目は自分好みの女性をすぐに選ぶことができます。

ある程度好みを狙って声をかけることができるので、手っ取り早く女性とつき合うことができるのです。

その場だけを楽しみたい

ナンパをする男性の心理には、その場だけを楽しみたいということもあります。

暇を持て余して友達と街へ出てきたけれど、なんとなく楽しくないなんていう時、女性をナンパするのです。

その目的は、男性だけでいても楽しくないから、知らない女性と知り合って刺激を求めたいというもの。

その場が楽しければ次の機会があるかもしれませんが、多くの人は、新たな刺激を求めて違う女性をナンパするものです。

そういう男性は、その場だけが楽しければそれで満足なのです。

面倒なことは嫌い

きちんとした出会いを求めるのであれば、それなりの段取りや時間は必要になるものです。

でも、ナンパをすることで出会いを求める男性にとって、それは重要ではありません。

見た目でいいなと思う女性に片っ端から声をかけていき、出会いがうまくいけばそれでいいのです。

ナンパをする男性の心理として、出会いに対して面倒なことを嫌うことが挙げられます。

言い換えれば、その場を楽しむ出会いがあれば、きちんとした出会いは求めないということなのです。

ナンパで傷つきたくない

ナンパをするのが当り前という男性でも、初対面の女性に声をかけるのは勇気がいるものです。

普通に話してくれる女性もいれば、文句を言ってくる女性もいることでしょう。

ナンパで出会いは欲しいけれど、女性からどういう返事がかえってくるか分からない恐怖があるものです。

そういう意味では、男性はナンパで出会いは欲しいけれど、傷つきたくないという心理が働いています。

だからこそ、できるだけナンパが成功する可能性が高そうな女性に声をようと考えるものなのです。

ナンパをしてくる男性はチャラい?

ナンパをする男性の性格による ナンパをする男性が全てチャラいかというと、そうとは限りません。

例えば、ナンパをするのが好きではないけれど、友達に誘われて一緒にしているだけという男性もいるのです。

チャラいかどうかは、ナンパをする男性の性格にもよります。

たとえナンパをする男性でも、真面目な性格の男性であれば、ナンパのやり方を考えるものです。

ナンパをする男性が全てチャラいと決めつけていると、ナンパをされる女性はいい出会いを逃してしまうこともあるかもしれません。

チャラく見えるように演出している ナンパをする時、あまりにも真面目で硬いアプローチだと女性としても引いてしまうものです。

そうならないように、男性は、敢えてチャラく見えるように演出している場合があるのです。

チャラいアプローチであれば、軽い気持ちでナンパができるし、女性から断られてもダメージが少なくなります。

また、男性によっては、ナンパはチャラいイメージでするものだと思い込んでいる場合もあります。

そのため、自分のキャラクターではないけれど、チャラく見せるように努力している場合もあるのです。 相手の女性次第で対応を変える ナンパをする男性も人間ですから、必ず好みがあります。 女性なら誰でもいいという訳ではなく、見極めてから女性に声をかけるものです。

でも、出会いはその日によって違うので、好みの女性と会えない日もあるはずです。 男性は、女性に妥協したナンパでは自分をチャラく見せて軽い出会いを求めている演出をすることがあります。

逆に本気でいいと思った女性には、チャラさを抑えてナンパをすることがあるのです。 このように、ナンパをする男性は、相手の女性次第で対応を変えることがあるものです。 本当にチャラい ナンパをするしないにかかわらず、本当にチャラい男性はいるものです。

性格や生き方に軽さがあり、ナンパでも同じ様に表現するのです。

そういう男性は、偽りのない真のチャラさをもっています。逆に裏表がなく、分かりやすいタイプといえるのです。 まとめ いかがでしたか? チャラいという言葉が使われるようになってから、ナンパをする男性もチャラいと見られる対象になったように感じます。

でも、女性にとってはチャラい男性は面白さがあり、嫌いな対象ではないものですよね。 ナンパをする男性は、そんな女性を見抜いて良くも悪くもチャラさを使い分け、ナンパをしているのかもしれません。

-男性, 心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。