人間関係 心理

ネガティブになってしまう理由と解決法

投稿日:2018年4月9日 更新日:

いつも元気でポジティブにいられたら、毎日がとても楽しいですよね。

でも、毎日過ごしている中で、仕事や人間関係等でネガティブになってしまうこともあるものです。

そこで、ネガティブになってしまう理由と解決法についてご紹介していきます。

ネガティブになってしまう理由とは

メンタルが弱い

そもそも、メンタルが弱い人はちょっとしたダメージを受けるだけで精神が脆くなってしまうものです。

ネガティブになりたい訳ではないのに、物事の受け取り方自体がネガティブに偏ってしまうことが原因と言えます。

例えば、相手が良かれと思ってかけてくれた言葉でさえも、注意されているとネガティブにとらえてしまうことはないでしょうか。

メンタルが弱いとネガティブからなかなか抜け出せないものです。

物事を考えすぎてしまう

物事を全く考えないのも問題がありますが、いちいち深く考え過ぎてしまうのも問題です。

きちんと考えるべき内容とそうでない内容を分けないと、頭を使い過ぎて疲れてしまいます。

考え過ぎることでポジティブに考えることが出来なくなり、ネガティブになるかもしれません。

うまくいかないと思い込んでしまう

ポジティブシンキングは、常に物事がうまくいくと思い込んでいくことです。

逆にいつもうまくいかないと思い込んでしまうことは、ネガティブな思考しか生み出せないでしょう。ネガティブな思考でいると心をゆがませ、本当に良くないことが起きることもあるのです。

ネガティブになってしまった時の解決方法とは

深呼吸をして心を落ち着かせる

一度ネガティブになってしまうと、周りにおける全てがネガティブに感じてしまうものです。

友人や家族に相談したくても辛すぎて相談出来ない状態になることもあります。

そんなネガティブの負のループに陥らないように、ネガティブになってしまった時は深呼吸をして心を落ち着かせてみましょう。

ポジティブなことを考える

ネガティブな時にポジティブになれというのは難しいものです。でも、そんな時こそ出来るだけ早くポジティブになるべきかもしれません。

ネガティブになってしまった時、鏡の前で「私は大丈夫。」と唱えてみてはいかがでしょうか。少しずつネガティブから脱する自分の姿が見られるかもしれません。

とことんネガティブになってみる

どんな人でも良いことばかりが起きている訳ではありません。辛いこと、楽しいことが繰り返されるので色々なことを乗り越え、強くなっていくのです。

ネガティブに陥った時、とことんネガティブ思考になることで、「こんなに落ち込んでいても馬鹿馬鹿しい」と、ふっとポジティブな気持ちになれることがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私も時折ネガティブな発言をしてしまうことがありますが、ネガティブな発言は自分の気持ちを暗くしてしまうだけではなく、時には相手をも嫌な気持ちにさせてしまう事もあります。

いきなりポジティブになろうとしてしまうと、心に余裕がなくなり、ポジティブになるどころか余計にネガティブになってしまう可能性もあるため、考え方を一気にではなく少しずつ前向きになれるようにしてみましょう。

-人間関係, 心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。