人間関係 心理

気が弱い性格の人の特徴や心理、原因、改善法!

投稿日:2018年5月2日 更新日:

気が弱い性格の人ってどこにでもいますよね。

もっと色々主張すればいいのにと、傍から見ている方がハラハラしてしまうものです。

そこで今回は気が弱い人の特徴や心理、原因、解決法についてご紹介していきます。

気が弱い性格の人の特徴や心理、原因とは?

人目を気にし過ぎる

気が弱い人の特徴として、人目を気にするあまり自分を出さないという心理が働く傾向があります。

出したい自分の姿があるはずなのに、出すことが出来ない原因が心のどこかにあるのかもしれません。それ故に周りの人から見ると気の弱い人と片づけられてしまい、より強くなれない性格になってしまう原因となってしまうのです。

人に優し過ぎる

気が弱い人とよくよく話してみると、人に優し過ぎることがあります。

自分のことを差し置いてまず人の事を考えてしまう。

そんな心理が働き過ぎる為、自分を主張出来ず、気が弱い人だとレッテルを貼られてしまうことがあるかもしれません。

平和主義である

人とコミュニケーションをしていれば、意見の違いから言い争うこともあるでしょう。気の弱い人は優しく平和主義の為、人との争いは好まない傾向があります。その為、敢えて人と積極的にコミュニケーションを取らず、人知れず平和主義でいるのかもしれません。

気が弱い性格の人の解決法とは?

自分の個性を主張する

気が弱い人は、自分のことを主張することはあまりないので、自分の個性を知ってもらう機会を作ることが大切です。

気が弱いことは悪いことではなく、気が弱い自分をきちんと主張していくことが個性を表現することになるからです。

何かを主張すれば、人から何かを言われることあります。

でも、人目を気にせずに、主張すべきことは主張していくことが改善につながります。

人のことよりも自分のことを優先する

気が弱い人は、人目を気にして自分のことより人のことを優先する傾向があります。

なので、まずは人のことよりも自分のことを優先して考えるくらいで丁度よくなるのです。

自分勝手とは思わず、まずは自分のことを大事にしてみることが解決法の1つとなるものです。

人ともめることを恐れない

気が弱い人は平和主義の方が多いので、敢えて人とのコミュニケーションを避ける傾向があります。

人とのコミュニケーションを避ければもめることも避けられますが、そればかりしていては何も解決しません。人と積極的にコミュニケーションをして、もめることにも慣れていけば、気が弱い自分を変えていくことが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なかなか自分の思っていることを相手にはっきり伝えることができなかったり、優しすぎるあまり相手に向かって強く言えないという人は非常に多いと思われます。

しかし、時には自分の気持ちや考えをきちんと相手に伝えなければならない時もあります。

人目を気にしたり相手のことを考えすぎるのは辞めてみてはいかがでしょうか。

-人間関係, 心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。