心理

特に食べたくないのに食べてしまう理由と食べないようにする方法

投稿日:2018年5月1日 更新日:

誰にでも特に食べたくないのに、ついつい何かを食べてしまうことがあるのではないでしょうか。

空腹でもないのに、お菓子を食べる手が止まらないということがあると思います。ダイエットにも健康にも良くない、食べたくないのに食べてしまう理由と食べないようにする方法はあるのでしょうか。

今回はその内容についてご紹介していきます。

特に食べたくないのに食べてしまう理由とは

口寂しいから

特に食べたくないのに口寂しいからと感じてつい食べてしまうということはありませんか?

常に何かを口の中に入れておきたくて、飴やガム、ちょっとしたお菓子を予め用意しておくことがあるのではないでしょうか。

食欲に関わらず、常に口の中に食べ物を入れることが習慣になってしまうこともあります。

暇な時間を持て余しているから

仕事で忙しい時など、食事が後回しになることがあると思います。

忙しいと優先すべきことからこなしていく為、食欲どころではなくなってしまうからです。

逆に、暇な時間が多いとやることがないので食べたくないのに必要以上に食べてしまうことがあります。

食べる事が好きでたまらないから

食べる事が好きな人は、食べたくなくても目が食べたくなってしまうことがあるものです。

お腹が空いている時はもちろん、空いていなくても目の前に好きな食べ物があれば、食べてしまうタイプです。

元々食べることが好きだと食べることを控えることが難しいので、厄介なタイプです。

食べないようにする解決方法とは

ダイエット宣言をする

特に食べたくないのに食べてしまうタイプは、あまりダイエットのことは気にしていないはず。

そこで、周囲にダイエット宣言をすることで、無駄な食べ物を食べずに過ごしてみてはいかがでしょうか。

食べ過ぎを防ぐだけでなく、体型を整えることも出来るので一石二鳥です。

忙しく過ごす

毎日忙しく過ごしていれば目の前の事柄に集中する為、食べ物に気がいかなくなるものです。

その為に、毎日出来るだけスケジュールを入れて、1つ1つ集中してこなしていくことが大切です。

地味ですが、食べたくないのに食べてしまうとことを解決する簡単な方法と言えるでしょう。

自分の近くに食べ物をおかない

特に食べたくないのに食べてしまう人は、自分の周囲に食べ物を置いている傾向があります。

場合によっては常に近くに食べ物がないと不安に思うこともあるかもしれません。

そういう場合は、少しずつ身の周りの食べ物を減らしていき、かつ、3度の食事をしっかりと食べることで、食べたくないのに食べてしまうのを防いでいくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

食べたくもないのについつい食べ物を口にしてしまう…そのような経験も私にもありますが、そういう生活を続けていると当たり前ですが体系に変化が出てきてしまいます。

後になって後悔をしないよう、今から生活の見直しをしてみましょう。

-心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。