人間関係 心理

照れ屋な人の性格の特徴とは?照れる理由と克服方法

投稿日:2018年6月16日 更新日:

周りに照れ屋な性格の人がいるという方も多いのではないでしょうか?
中には「そこで照れるの?!」というくらい照れ屋な人もいます。
ここでは、照れ屋な人の性格の特徴や照れる理由、克服方法についても触れていきたいと思います。

照れ屋な人の性格の特徴とは?

褒められ慣れていない

照れ屋な人の性格の特徴としてまず挙げられるのが褒められ慣れていないという部分です。

親御さんの教育方針や学校の先生など周りの環境によって左右されてくるのですが、褒められるという経験が少ないとやはり自信を持てないまま大人になってしまうことが多いです。
褒められ慣れていない上に自信がないので、感情の処理が追いつかずに照れてしまうのです。

素直

例えば、子どもというのは素直な生き物です。

もちろん、我慢することもありますが、基本的には泣きたいときに泣きますし、笑いたいときに笑うものです。
これと同じように大人でも素直な方は、そのときの感情をそのまま表現するものです。
当然、照れるというのも感情表現のひとつになります。
こういった素直な方は、照れるといった以外の感情表現も豊かな傾向にあります。

真面目

照れ屋な人の中には、真面目な方も多いです。
真面目な方というのは、冗談を真に受けてしまうような部分があります。

社交辞令というのはコミュニケーションを円滑に進めるためのひとつのツールです。
相手の気をよくさせる目的もありますが、冗談として相手を笑わせる目的で使うこともあります。

後者の場合には明らかに社交辞令とわかるような形で大げさに褒めることが多いのですが、真面目な方はこういった冗談での社交辞令も真に受けてしまって照れてしまうのです。
自分に対する褒め言葉をそのまま真に受けてしまうという意味では、素直であるとも言えるのかもしれません。

自分が照れ屋であることをよく思っていない

照れ屋な人の多くが照れ屋な自分のことをよく思っていません。

「照れ屋な自分が奥ゆかしくて好き!」という方はめったにいないでしょう。
周りからは照れ屋であることを好ましく思われていても、自分自身ではそれが嫌で嫌で仕方がないといったケースも少なくありません。

もともと照れ屋な人は自己肯定感が低く、自信を持てないという方が多いのですが、照れ屋な自分を受け入れられないことによってそれによりいっそうの拍車がかかってしまうということもあるのです。

照れ屋な人が照れる理由と克服方法とは?

失敗するのが怖いなら失敗への考え方を変える

照れ屋な人が照れる理由として挙げられるのが失敗への恐怖です。

誰だって失敗することは怖いでしょうし、その失敗によって恥ずかしい思いをするのも怖いでしょう。

もしこういった恐怖感から照れ屋になっている場合には、失敗への考え方を変えることによって照れ屋を克服することができます。

ある意味では失敗と向き合うこととも言えるのですが、意外にこれを実践している方は少ないものです。

日本人は特に失敗というものをネガティブに考えてしまう部分があるのですが、「失敗は成功のもと」という言葉もあります。

実際に、その通りで失敗することによって成功に近づいていけるのです。
そう考えると、やみくもに失敗を怖れるのはもったいないと思いませんか?
テストで間違った問題をきちんと復習して理解すると、そこで身につけた知識というのは長く残ります。

一度失敗をすることによって、その経験を生かしてしっかりと身につけることができるのです。
失敗は恥ずかしいことでも怖いことでもなく、レベルアップのための貴重な経験なのです。

自信が持てないなら何かを頑張って達成感を積み重ねる

自分に自信が持てないという理由で、照れ屋な人も少なくありません。

褒められることがなく育ってきた方などは、やはり自分に自信が持てないまま大人になっていることが多いですし、「自分で自分を褒めてあげたい」といった感覚もないのではないでしょうか?

実は、自信を持てるようになるのは意外に簡単です。
そもそも何もしていないのであれば、自信を持てないのは当たり前です。

だからこそ、自信を持てるような何かを始めればいいのです。
得意なことがあれば、それを頑張って何かの結果を残してみましょう。

得意なことがない場合には、自分にできることの中から小さな目標を設定してそれをクリアできるように頑張ってみましょう。
「毎日運動を続ける」とか「無駄遣いをしない」とか自分の中で小さくガッツポーズできるようなものでOKです。
何かを頑張って達成感を得られると、自然と自信が持てるようになります。

まとめ

照れ屋な人の性格の特徴もさまざまですし、照れる理由もさまざまです。
ただ、照れ屋というのはその理由に応じて意外に簡単な方法で克服できますので、安心してください。

-人間関係, 心理

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。