心理 恋愛

浮気の罪悪感がない人とある人の違いは?罪悪感があっても浮気をするのはなぜ?

投稿日:

この世に浮気をする人が一人もいなくなればどれだけの人が悲しい思いをせずにすむか、またどれだけのカップルが成就するのでしょうか。

悲しいことに、この世には浮気が数え切れないほど存在します。

浮気の罪悪感がない人とある人の違いはどこにあるのでしょうか?

浮気をしてしまった人が罪悪感を持って悩んでいるという裏話もよくあります。罪悪感があっても浮気をするのはなぜなのでしょう?

浮気に対しての罪悪感についてお伝えします。

浮気の罪悪感がない人とある人の違いは?

浮気の罪悪感がないかあるかは「浮気相手に対する認識の違い」や 「自分の価値観をパートナーに押し付けられるか否か」で決まります。

浮気相手に対する認識の違い

まず、大きな違いは過ちを犯してしまったその「浮気相手」に対する認識の大きなずれです。

罪悪感を感じない人は浮気相手を完全な遊びと捉えます。

これだと少しきつい言い方になってしまいますが、要は「パートナーのことを愛してる。浮気相手に気持ちは無いから浮気じゃない。」という認識になるわけです。

実に自分勝手な理屈に聞こえますが、このような自分に都合のいい解釈によって自分のことを正当化してしまえるかなりポジティブな人にも見えますね。

逆に罪悪感を感じる人にとっての浮気相手の認識は「もちろんパートナーのことを一番に愛してる。けどこの人のことも気になったいたのは事実で、自分は浮気をしてしまった。」と罪悪感を感じ、このタイプは大いに反省をします。

つまりパートナーにしか気持ちは無くて、浮気相手とはただ遊んだだけと捉えるか、パートナーへの気持ちが一番だけど浮気相手への気持ちが0パーセントだとは言い切れない…。と捉えるかの違いだと言うことです。

自分の価値観をパートナーに押し付けられるか否か

自分のパートナーに対する浮気のボーダーを相手に押し付けられるかどうか、で罪悪感を抱くか抱かないかが決まります。

例えばパートナーは束縛が強くて自分がほかの異性と二人で食事に行ったり居酒屋に飲みに行ったり、なんてことも許せなくて浮気と捉えるとします。

しかし自分のほうはというとあまりのパートナーのプライベートには干渉せず、他の異性と遊んでも全然許せちゃうし、何も感じない、浮気のボーダーを強いて挙げるとしたら「体の関係」かな、と捉えているとします。

そして自分は異性と二人で遊ぶのは浮気でも何でもないと思っているので、異性とも食事に行ったりしてしまいますが、それを知ったパートナーは激怒して「浮気だ!」と自分を責めますが、自分にとってはそれはまだ「浮気でも何でもないただの遊び」なのです。

ここで罪悪感を感じない人は「今回のことは浮気じゃないんだから反省する必要も無いし、パートナーの言っていることも理解できない。」という思考回路になるのです。

これまた恐ろしい思考回路ですがこの考え方によって罪悪感が生まれなくなるのです。

そしてそれとは反対に罪悪感を感じる人はいくら自分の浮気に対するボーダーがパートナーのそれとかけ離れていたとしてもちゃんとパートナーに寄り添って価値観を共有しようと努めます。

そして「自分がしてしまったことはパートナーにとっては浮気になってしまうのだったらそれは自分が何と言おうと「浮気」である。」と考え、罪悪感を感じ反省をします。

このように浮気に対する価値観の違いを無理やり自分に合わせさせてしまうか、相手の立場になって考えようと努めるかで「浮気に罪悪感を感じるか否か」の違いが生まれてきます。

罪悪感があっても浮気をするのはなぜ?

男女により浮気する心理も異なります。男女別で見ていきましょう。

真剣度の高い浮気は、罪悪感を持ちながらも止めることができないので厄介です。手遅れになる前に浮気をやめさせる手立てを取るべきです。

男性は軽い気持ちで浮気する

男性は女性よりも浮気する可能性が高いのですが、真剣な気持ちで浮気する人はそんなに多くありません。どちらかと言えば軽い気持ちで浮気する人が目立ちます。男性は魅力的な女性を見るとつい舞い上がって、「チャンスがあればお近づきになりたい」と単純に考えるのです。

男性が性欲に負けて浮気する場合は、彼女や妻は本命として大切に思っています。彼女との関係や、家庭生活を終わらせようなんてことはさらさら考えていません。浮気がばれて彼女や妻から責められると、必死にシラを切るのはそのためです。

ほんの出来心での火遊びだ!と勢いや、ノリでしてしまった浮気が、その後の男性を苦しめることになります。

浮気の事実を隠している罪悪感、彼女や妻を裏切ってしまったという罪悪感。

これらの罪悪感が、これから男性を苦しめることになるのです。

いやいや、後悔するなら浮気なんかしなきゃいいのに…そう思ってしまいますが、男性はおバカさん。

浮気をしてみて初めて、気付くことがたくさんあるのです。

女性は浮気にのめり込む

女性が浮気する背景には、「寂しさ」や「ストレス」が隠れている場合が多いのです。

「彼氏や旦那さんが相手をしてくれない」「子供が自立してしまった」などの寂しさや、「育児が大変」「親の介護が辛い」などのストレスから抜け出すために浮気します。

また彼氏や夫が与えてくれない「ときめき」や「癒し」を与えてくれる相手に出会うと、その人にのめり込んでしまいます。遊び心で浮気するケースと違い、真剣に相手にのめり込んでいる浮気なので、問題は深刻になります。

まとめ

浮気の罪悪感の有無はその人の考え次第ということがわかりました。

たった1回の浮気でも重い罪悪感に悩まされる人もいますが、何回浮気しても自分のパートナーに対して申し訳ないと思わない人もいます。

遊びでちょくちょく浮気しているような人は、本命の恋人や配偶者に対してあまり罪悪感を持っていません。

男女により浮気する心理も異なります。男性では遊び心で浮気する人が多いのに比べ、女性は寂しさやストレスから逃げるために浮気をしがちです。

また遊び気分で浮気する人は罪悪感が薄いようですが、これは本命と浮気相手をきちんと分けて考えているからです。しかし真剣度の高い浮気は、罪悪感を持ちながらも止めることができないので厄介です。手遅れになる前に浮気をやめさせる手立てを取るべきです。

相手の浮気を許して、この先も一緒に過ごしたいと願うなら、浮気をやめさせなくてはいけません。しかし相手に「浮気をやめてくれ」と面と向かって訴えても、真剣に浮気しているなら簡単に浮気相手と別れてくれません。時間がたつごとに浮気相手との結びつきが強くなり、別れや離婚を切り出される可能性も大きくなります。

大切なパートナーが浮気にのめり込んでいるなら、やはり「別れさせ屋」という恋愛関係の整理を専門とするプロに任せるのが得策です。

浮気した人とは別れたい。離婚したいとの考えなら、探偵事務所や興信所に浮気調査をお願いして、慰謝料や離婚で有利になる証拠集めをしましょう。

-心理, 恋愛

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。