映画

平手友梨奈主演!響-HIBIKI-原作とキャスト・あらすじ

投稿日:

人気女性アイドルグループ欅坂46の平手友梨奈が天才女子高生小説家役で映画初出演&主演映画する「響 -HIBIKI-」が、2018年9月14日(金)より全国の劇場で公開されます。

響 -HIBIKI-の原作は?

「響 -HIBIKI-」の原作は、2014年、小学館「ビックコミックスペリオール連載開始と同時に人気が爆発し、「マンガ大賞2017」の大賞を受賞した作品、柳本光晴の漫画作品「響~小説家になる方法〜」です。

 

「響 -HIBIKI-」は、出版不況が叫ばれる文芸の世界を舞台にした作品で、圧倒的な文才を持った現役女子高生小説家の鮎喰響(あくいひびき)が主人公となっています。

彼女の類まれなる才能と破天荒な性格が巻き起こす様々な出来事を通して、彼女自身とその周りを取り巻く人々の成長を描いた作品です。

●響 -HIBIKI-キャスト

平手友梨奈

主人公である15歳、高校1年生の天才女子高生小説家・鮎喰響を演じるのは、人気女子アイドルグループ欅坂46の不動のセンターとして活躍している平手友梨奈です。

平手友梨奈は、2015年に開催された欅坂46の1期生オーディションに合格し、2016年にリリースしたファーストシングルからセンターを務めた逸材です。

映画初出演にして初主演となる本作で、圧倒的な文才と、自分の信念に正直で破天荒な性格を持ち合わせる気難しい役柄を演じています。

北川景子

文学誌「木蓮」編集部の編集者、花井ふみ役を映画2006年「間宮兄弟」の他、数々のテレビドラマで活躍しています。

アヤカ・ウィルソン

響が所属している文芸部の部長で、響の圧倒的な才能との差に苦しむ女子高生・祖父江凛夏役を、8年ぶりの実写映画出演となる2008年「パコと魔法の絵本」のアヤカ・ウィルソンが演じています。

小栗旬

イケメン #小栗旬 #メガネ #カッコイイ😳😳

A post shared by 小栗旬 (@shun.ogr.1226) on

響と対峙するライバル役の山本春平を演じるのは、数々のドラマや映画で俳優はもちろん、声優としても活躍している小栗旬です。

山本は、芥川賞候補に3回も名を連ねながら受賞を逃し、経済的に苦しい生活を強いられつつ4回目のノミネートに執念を燃やす役どころとなっています。

響 -HIBIKI-あらすじ

「響 -HIBIKI-」は、読者離れが加速し、出版不況にあえぐ文芸業界が舞台となっているお話です。

ある日、不況に苦しむ文学誌「木蓮」の編集部に投稿された1つの原稿が届きます。

それは、鮎喰響という名前以外、個人情報が一切記載されていない原稿でした。

この原稿は、不況続きの編集部が新進気鋭の作家を期待して主催する新人賞に応募された原稿でした。

しかも、手書きの郵送は禁止されているのを無視して送られたものだった為、誰の目にも触れることなく、編集部のごみ箱に捨てられていたのでした。

この原稿が花井の目に留まり世に送り出されたことから、話の展開が大きく変わってくるのです。

-映画

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。