映画・ドラマ

恋愛小説“寝ても覚めても“あらすじとキャスト、公開日と場所

投稿日:

芥川賞作家である柴崎友香による恋愛小説、『寝ても覚めても』が実写化され、2018年9月1日(土) 、テアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国の劇場で公開されます。

『寝ても覚めても』

ミステリアスな自由人・麦(バク)と、心優しくそして誠実なサラリーマン亮平という、同じ顔をした二人の男と、その間で揺れ動く朝子の8年間を描くきます。

『寝ても覚めても』実写化での主演は東出昌大

東出昌大は、運命的な恋に落ちながら姿を消す”麦”と、その2年後に朝子と出会う亮平の1人2役を演じます。

ヒロイン朝子を演じるのは女優、モデルとして活躍する唐田えりか。オーディションで抜擢されました。

そのほか、亮平の会社のクールな後輩・串橋を、映画『ナラタージュ』などに出演する瀬戸康史が演じます。

『寝ても覚めても』の監督は濱口竜介

監督を務めるのは『The Depths』『ハッピーアワー』『なみのおと』などをてがけてきた濱口竜介。『寝ても覚めても』を撮り終えて次のように話しています。

「”この人たちしかいない”と思える、とても素晴らしいキャストが集まった現場。役者さんたちの間に生まれた信頼関係が、お互いの魅力を引き出してくれたと思います。何より、東出さんの存在があったからこそ、ヒロインの唐田さんの輝きが増しました。自分の眼の前で、カメラの前で、とても素晴らしいことがたくさん起きた撮影でした。」

『寝ても覚めても』の音楽はtofubeats、主題歌「River」も書き下ろし

『寝ても覚めても』の音楽を担当するのは、トラックメーカーのtofubeats。

映画音楽を担当するのは初となりますが、書き下ろしの主題歌「River」も手掛け、作品をさらに盛り上げてくれます。

『寝ても覚めても』は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品

また、『寝ても覚めても』は第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品しました。

試写会を見た海外メディアからも好評を博しています。

『寝ても覚めても』のあらすじ

東京。亮平は、コーヒーを届けに会社に来た朝子と出会う。真っ直ぐに想いを伝える亮平に、戸惑いながらも朝子は惹かれていきふたりは仲を深めていく。しかし、朝子には亮平には告げていない秘密があった。亮平は、かつて朝子が運命的な恋に落ちた恋人・麦に顔がそっくりだったのだ――。

-映画・ドラマ

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。