速報・トレンドニュース 人間関係

愛想笑いは疲れる。愛想笑いをする意味と心理。愛想笑いをやめる方法

投稿日:

 

誰に対してもいい顔をする愛想笑いをする人は、愛想笑いをするたびに精神的に疲れていることでしょう。
私もその1人です。

そもそも人はなぜ愛想笑いはなぜするのか。
愛想笑いをする意味と心理を述べて行きます。

愛想笑いとは

そもそも愛想笑いとは何なのか。
それは、相手の機嫌を損なわないための上辺だけの笑いのことです。

面白おかしくも無い話だったり全く興味のない話でも、それをあからさまに態度に出してしまうと相手は機嫌を損ね不快になりますし、また、自分自身の印象も悪くなりますよね。

そうならないためにも、相手に合わせて笑ったり、恰も自分もその話に興味があるかのように笑顔をするのが愛想笑いです。

愛想笑いをする意味と心理

愛想笑いをする意味と心理①:嫌われたく無い

1番が嫌われたくないと言う理由なのでは無いでしょうか。
嫌われることに抵抗があったり、嫌われたくないと言う気持ちが強ければ強いほど、たとえ自分が嫌だと思ったことに対しても笑顔を絶やしません。

嫌われたくないと言う理由から愛想笑いをする人は、なぜ嫌われたくないのか。それは次のパターンに分けられます。

嫌われたくない理由①:過去にいじめられていた

過去にに誰かにいじめられた経験がある場合は、その経験から誰かに嫌われることを異常に恐れ、周りの自分に対する反応や目を常に気にしています。

相手に気に入られなければまたいじめられる、また孤独になってしまう、と考え、とにかく嫌われないようにと相手の顔色を伺っています。

嫌われたくない理由②:プライドが高い

自分の周りの評価や周りの目を気にしたり、自分に自信のあるプライドが高い人は、「自分は人気者」ということを自慢したい傾向があります。

プライドが高い人にも、実は自分に自信を持つことができていない人もおり、1人でいることで、周りから「友達がいないのでは?」「寂しい人」などと思われるのではないかと考えます。

周りは思っていないことでも、勝手にネガティブに考えてしまうプライドが高い人は、自分は周りが好かれているというイメージを作り、また、周りから好かれている自分を羨ましがってほしいと考え、内心苦手な人や嫌いな人にまでも好かれようと愛想笑いをします。

愛想笑いをする意味と心理②:優しい性格である

誰かに対して本気で怒ったことがない人や、そもそも怒ることができない心優しい人は、たとえ自分が苦手だと思っていたり、嫌いな相手にでもそれを表に出すことなくいい顔をします。
相手を傷つけないよう、またその場の雰囲気を壊さないようニコニコと笑顔を絶やさない愛想笑いをする人は、知らず識らずのうちにストレスを抱え込んでいる可能性もあります。

優しい性格のデメリット①:強く言うことができない

愛想笑いは時には必要なものでもありますが、優しい性格の人の愛想笑いは、相手に強くものを言うことができないため、相手に合わせるためにしているということもあります。
強く言えない優しい性格の持ち主は、自分が傷つくことを恐れています。

さらにこのタイプの人は、一度傷つくようなこと言われたら、自分の中で勝手に悪い方、悪い方にと深く考え、言われていないことなのに「どうせあの人は自分のことをこう思っているんだ」と思い込みます。
この時に負った傷は非常に深く、心の中にいつまでも留まり、二度と同じ思いはしたくないと考えます。

周りに好かれたい・必要とされたいと思った先にあるのが、愛想笑いをして自分の地位を守るという行動です。
周りからすれば「優しい人」「良い人」になりますが、実は「愛想笑いをして仮面をかぶっている心が弱い人」だったりします。

愛想笑いをする意味と心理③:面倒なことを避けたいと思っている

愛想笑いをする人は、「その場から早く立ち去りたい」「会話を早く終わらせたい」と思っていることもあります。
また、何か回答を求められた際に愛想笑いをしてうやむやにしてやり過ごす方法を取っているという人もいます。

相手と深く関わりたくない時や、面倒なことに巻き込まれたくないという時は、愛想笑いをして適当に接することで、誰も傷をつけずに済む方法の1つです。
このような理由から愛想笑いをしている人は、比較的、人間関係を上手に築いている人なのではないでしょうか。

愛想笑いをする意味と心理④:その場の雰囲気に馴染みたい

あなたは、相手が自分がわからない会話をしてきた時に、本当はわからないのに話を合わせたという経験はありませんか?
周りの他の人は会話についていっているのに、自分だけわからない会話をしている、そんな時に「どういうこと?」「なんの話?」などと自ら聞いてしまっては、その場の楽しかった雰囲気も台無しになってしまう可能性も考えられます。

また、まだ数回しか合っていない人や、学校に入学したてだったり、入社したてだった場合は、相手のこともまだ深く知ることができていないため、会話を遮って何の話をしているのかを聞くことは勇気がいることでもありますよね。
このような場合、大抵の人はその場の雰囲気に合わせて愛想笑いをすることもあります。

愛想笑いをやめる方法

愛想笑いをやめる方法①:自分に自信を持つ

愛想笑いをする人は自分に自信を持つことができていないため、誰かに合わせていることが多いです。
誰かに合わせることで否定をされることもなく、ミスをしたとしてもさほど自分には影響はありません。

自分に自信を持つことができれば、自分なりの考えややりたいことも出来てくるため、愛想笑いでその場をやり過ごさなくても済むようになります。

愛想笑いをして誰かに合わせるようなことはしないで、自分に自信を持つようにしてみましょう。

愛想笑いをやめる方法②:嫌われる勇気を持つ

相手に気に入られるためにしている・嫌われたくないという理由から愛想笑いをしている人は、嫌われる勇気を持ちましょう。
誰に対しても愛想良くしていると、「この人はどんな時でもニコニコしている」「この人はどんなことでもやってくれる」と思われ、時には利用されてしまう可能性もあります。

嫌なことや面倒だと思うことでも、相手に頼まれたことや言われたことを受け入れることで、印象が良くなったり好かれたりすることもありますが、いつか心が疲れてしまう時もきます。
そうならないためにも、嫌われてもいい!別に好かれなくてもいい!と割り切り、時には断ることをしてみましょう。

本当のあなたで相手と関わった時に、嫌われることもありますが、好いてくれる人もたくさんいます。
愛想笑いは時と場合では必要なものですが、みんなから好かれようとせず、ありのままの自分を好いてくれる人を大切にしましょう。

愛想笑いをやめる方法③:気持ちを入れ替える

優しい性格の人は相手に嫌な気持ちにさせないよう愛想笑いをしがちですが、愛想笑いをするだけが優しさであるとは限りません。
相手が間違ったことを話している時に愛想笑いをするのも、相手がミスをしてしまった時に愛想笑いをして慰めるのも本当の優しさとは言えません。

間違っていたら何が間違いかを教える、ミスをした理由をしているならばその理由を伝える、それが優しさです。
愛想笑いでその場をやり過ごしても、ただ信用を失ってしまうだけです。

優しさの意味を履き違えないよう、愛想笑いばかりはしないようにしましょう。

まとめ

愛想笑いは職種や立場によっても必要なものかと思われます。
しかし、プライベートで愛想笑いが必要な時はほとんどないのではないでしょうか。

また、愛想笑いをすることで印象が悪くなるということはありませんが、相手から信用されることもないに等しいです。
信用される人は自分の意思を持ち自信がある人です。

経験上、愛想笑いをする人は残念ながら相手の印象にあまり残りません。
誰かに合わせることや敵を作らないようにすることは簡単ですが、それを続けているとストレスになってしまう可能性もあります。

もし、あなたが愛想笑いをしていて心が疲れてしまっていたり、相手の印象に強く残りたいという場合は、愛想笑いをやめる方法を参考に、少しずつ自分を変えていってみてはいかがでしょうか。

 

 

-速報・トレンドニュース, 人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。