人間関係

会話が苦手な人の克服方法とは?会話が苦手な人の特徴と苦手意識をなくす方法

投稿日:

 

会話をする事が苦手だと感じている人が増えている現代ですが、あなたは「緊張してしまい人とうまく話せない」「初対面の相手と何を話そう」「沈黙するのが怖い」など、深く考えてしまい、うまく話すことができないという経験をしたことはありますでしょうか?

会話は人間関係を深めるためにも大切な事ですので、会話をする事が苦手だと感じてしまっている方は、人間関係やコミュニケーションを築く上で困る事があるかと思われます。

携帯電話やSNSがこれほどまでに普及される前は、簡単なやり取り以外は、必然的に人と会って話すと言う事が多かったですが、今の時代は、LINEやTwitterなどで簡単に連絡が取れ、直接会わなくても話が出来てしまう便利な世の中になってしまいました。

便利は便利でも、その裏には人と直接会って話をするということが激減しているともいうことで、直接会話をする機会が無くなり会話が苦手になる原因になっています。

既に、あなたが人と会話をする事が苦手、周囲の人達と盛り上がった会話が出来ないと感じているならば、この記事を参考にしてみてくださいね。

会話が苦手な人の特徴とは?

特徴①:兄弟がいない(一人っ子)

兄弟がいない一人っ子は、家に帰ると話す相手は親しかいないため、兄弟がいる家庭と比較すると会話の回数が少ない傾向があります。

また、両親が余り会話をしない引っ込み思案な性格だった場合、育ってきた環境も影響し、子供の頃から引っ込み思案な性格になりがちになり、この様な場合は、自分自身で会話が苦手と言う事が分かってはいても。どのように会話をすればよいのかや、会話をすること自体がストレスになってしまっている可能性もあります。

特徴②:何かしらのコンプレックスを持っている

会話が苦手な人の特徴の一つに、女性なのに声が低い、方言があるなど声や話し方に関してイジられた事があったり、外見的な自分のコンプレックスをからかわれ、劣等感が生まれてしまい人と会話する事が少なくなり、会話をする事自体が苦手となってしまう事もあります。

コンプレックスがある人は特にグループでの会話が苦手な傾向にあり、グループに所属する事を嫌う傾向が出てしまい、周囲の人達とコミュニケーションを取ると言う部分において大きな影響を及ぼすとも言われています。

特徴③:人間不信になっている

恋愛または友達関係において過去に何かしらのトラブルがあった、周囲の人達と会話していく中でイジメられた事がある・孤立してしまったなどを経験した事がある人は、過去のトラウマから会話というよりも人間が苦手になってしまっている場合もあります。

人との関わりを拒絶する様なトラウマが原因の場合、会話の苦手意識を克服するのに時間がかかる可能性があります。

特徴④:自分の事にしか興味が持てない

自分の事にしか興味が持てず、他の人達の考え方や性格に興味が無いため、人の話を聞いても会話をする気になれないという人もいます。

この様に自分の事にしか興味が持てないと言うのも、会話が苦手な人の特徴の一つでもあります。また、会話をすると言う事は自分が話すだけではなく、相手の話を聞かなければなりませんが、相手が求めている様なリアクションをする事が出来ず、会話が苦手になってしまう場合もあります。

特徴⑤:自分の思いを言えない・知識が少ない

自分の思いを素直に言う事が出来ない、会話になる様な知識を持っていない人は、人とのコミュニケーションを取る事が出来ないため、会話を自分から始める事が出来ません。

会話をしても話が盛り上がる事が無いので、自分は会話が苦手であると思い込んでしまい、ますます会話をしようとしなくなります。

特徴⑥:インドア派である

インドア派の人は一人で休日を過ごす事を好み、恋愛に対しても興味が無かったり、友達の数も少ない傾向があります。

インドア派だと人と接する機会も少ないため、会話をする量も必然と少なくなり、会話をする事が苦手になってしまいます。

特徴⑦:人の目を気にする・相手にどう思われるか気にしてしまう

会話が苦手な人の特徴として、常に周囲の目を気にしていると言うのもあるのではないでしょうか?

周囲の目が余りにも気になり過ぎてしまい「この様な事を言ったら相手に嫌われてしまうかも」「盛り上がっている場をシラケさせてしまったらどうしよう」と考え過ぎるあまり自分の意思や思っている事が発言出来なくなり、人と会話をする事が億劫になる場合もあります。

このような場合は周囲の人達からも、あの人は会話が苦手な人だと思われてしまっている可能性もあります。

特徴⑧:気を遣い過ぎる

優しい性格と言うのは長所だと思われます。ですが、優しすぎるあまり、人と会話をする時に「この様な事を言ったら怒らせてしまうだろうか・不機嫌にさせてしまったらどうしよう」と相手の事を考え気を遣い過ぎる事もあるのではないでしょうか?

このような場合、気を遣い過ぎる人は会話の選択肢が少なくなり、何も話せなくなってしまい、会話が苦手になってしまう傾向が高くなる場合があります。

 

 

会話が苦手な人は相手にどう思われる?

相手が受ける印象①:無口な人と思われやすい

会話が苦手な人は、話し相手からすると場を盛り上げようと話しかけても、そっけない返事が返ってきたり「はい・そうですね」など一言しか返事が無い場合、会話が続かない人、つまらない人、無愛想な人と思われ誤解されていまい、逆に話し相手から一方的に苦手意識を持たれてしまう事もあります。

周囲の人達に苦手意識と言う感情が生まれてしまった場合、付き合いにくさから嫌われると言う場合もあります。

相手が受ける印象②:何を考えているのか分からない

会話が苦手な人は、口数が少ないため「あの人は何を考えているのか分からない」と周囲から勝手に思われ付き合いづらい人と言う印象を与えてしまう場合もあります。

話し相手からすると、話しかける事を躊躇ってしまうようです。本当は気さくな人であっても、会話をしない、笑顔も少ないと言う部分だけで誤解される事もあります。

相手が受ける印象③:モテる場合もある

会話が苦手な人は、自分の事を話さない分、ミステリアスな印象を持たれ話し相手に「もっと知りたい」と思われたり、余り人と話さないため、物静かで頼りになる、噂話をしないので信頼される人に見えるため、人によってはお喋り好きな人よりも好かれる場合もあります。

会話が苦手な人の克服方法

克服方法①:自信を持つ

会話が苦手な人は、コンプレックスが原因である事が多いため、自分に自信を持つ事が大切です。

自分に自信を持つために自分が得意な事を見つけたり、趣味を持っているのであれば極めていくのも良いのではないでしょうか。

これだけは、人に負けない!と言う物を1つでも持っていると、自然に自分に自信を持つことができるようになります。

克服方法②:話す内容を書いてみる

会話が苦手な人は、人と直接会って話すと「何を話そうという焦り」から話す内容を忘れてしまうと言う事もありますので、会話が苦手な人の克服方法として話す内容を書いてみて、ご自分でロールプレイングしてみるのもよいでしょう。

克服方法③:会話が苦手だと伝えてみる

会社の面接などを想像してみて下さい。初対面の方と話をする時は誰でも差はあれど緊張するものだと思われます。まずは、誰もが自分と同じなのだと言う意識を持ってみるのはいかがでしょうか?

友達関係の場合でしたら、自分は会話が苦手だと言う事を伝えてみるのも一つの方法だと思われます。会話が苦手だと言う事を理解してくれる友達が出来る可能性もありますし、逆に隠してしまうと「怒っているみたい」「嫌われているのかな」と思われなくなります。少なくても悪いイメージを相手に与える事は避ける事が出来ると思われます。

克服方法④:理想の自分をイメージしてみる

有名人を頭の中でイメージした時に、どの様な方になりたいと思いますか?また、誰なら自分が近づけると思われますか?有名人の中にもクールに淡々と話す方もいれば、常にテンションが高い・陽気に話すなど様々な特徴の人がいます。

自分に一番近いキャラである芸能人をイメージしてみて、自分には何が足りないのか、この部分を変えてみたらどうだろうと会話の練習をしてみるのも良いかと思われます。

克服方法⑤:正直な人になりすぎない

会話が苦手な人の長所として何に対しても正直でありたいというのがあります。素晴らしい長所だと思われますが、この長所が時には、愛想笑いが出来ない、他の人達の話に合わせる事が出来ないという状態を生む可能性もあります。

時と場合によっては嘘をつく事も必要です。これは、その場のコミュニケーションを大切にするための嘘と言う場合です。まずは、余り正直になり過ぎない様にしてみるのも良いのではないでしょうか?

会話が苦手な人へ!話題材料を紹介

話題材料①:笑顔で挨拶プラス一言から

会話が苦手な人は、まずは笑顔で挨拶プラス一言から始めてみるのはいかがでしょうか?

「おはよう~今日は暑いよね」と言うだけでも、相手に感じの悪さは与える事は無いと思われます。また、ワクワクする様な雑談から大切な関係が生まれる事もありますので、好きな芸能人、食べ物、好きな異性のタイプなどから話してみるのはいかがでしょうか?

話題材料②:質問を探す

会話が苦手な人は、この人にはどの様な質問をしたら喜ぶのだろう?と考えてみると、自分の質問力のアップに繋がる傾向が高くなる場合もあります。

「はい・いいえ」で終わってしまうような質問ではなく、相手の話す内容に「どの様な」「どうして?」を重ねていくのも良いでしょう。

また、相手が好きな事や、自分との共通点を見つけて会話をすると盛り上がりやすいのではないでしょうか?休日の過ごし方、趣味、持っている夢などはいかがでしょうか?仕事関係は愚痴になるかと思われますが、話してみると自分も同じ経験をしていたりなど分かり合える部分も出てくるかと思われます。

話題材料③:もっと話したいと思わせられるようになる

会話が苦手な人が、ある程度話せる様になってきた場合、次に相手に「もっと話したい」と思われる様になるには、相手の事を褒めてみると言うのもあります。

相手の事を褒める場合、外見的な褒め言葉と言うのは誰にでも出来る事ですので、自分の特別な部分に気がついてくれたんだと相手の心に響く様な部分を探して褒めてみましょう。

初対面の人の場合だと、お互いの第一印象から話してみると「この人にはこの様な一面があったんだ」「共通点があったんだ」などお互いに感動する様な事が見つかると会話が弾んでいくかと思われます。

まとめ

会話への苦手意識を変えていくのは、最低限でも人と会話したいという思いが無ければ克服していくのは難しいです。

ですが、人と会話をしないと言う事は社会生活を営む上で、もっと難しい事になってしまいますので、自分のコミュニケーションを力を向上させていくのは、すぐには無理だとしても実践を積み重ね、反省や改善を繰り返す事により徐々に苦手意識は克服していきましょう。

世の中の人達全員が話し上手な訳ではないです。

まずは「上手に話せなくても大丈夫」「会話が苦手なのは自分だけではない」と気軽な気持ちで会話をしてみてはいかがでしょうか?

 

-人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。