人間関係

目が笑ってない人の心理や性格の特徴は?目が笑ってない原因や改善方法!

投稿日:

 

目が笑っていないとは「仕方なく笑っている」「楽しいから笑っているのではない」と言う意味があり、苦笑い・冷笑・取り繕った様な笑顔などが似た様な言葉として使われているため、余り良いイメージではないかと思われます。皆様は「目が笑ってないよ」と言われた経験はありますでしょうか?

目が笑っていないと、笑顔に自信が無い人なのかな?気持ちが読めない人だなと思われてしまうことも多々あるのではないでしょうか?目は口ほどに物を言うというのも間違ってないように思われます。今回は目が笑ってない人の「心理や特徴」及び「原因や改善法方」などご紹介していきたいと思いますので、参考になさってみて下さいね。



ページコンテンツ

目が笑ってない人の心理とは

目が笑ってない人の心理①:笑っているつもりなのに伝わっていない

本人は心から笑っているつもりでいるのに、周囲の人達に「目が笑ってないよ」と指摘され辛い思いをすることもあると言われています。これはその方の目の大きさや表情の固さなどが原因である可能性が高いとも言われています。また、「目が笑ってないよ」と言われた事を気にしてしまい無理に目も笑っている笑顔を作ろうとして逆におかしな笑顔を作り出してしまう傾向があるようです。

目が笑ってない人の心理②:興味が無いため笑いたいと思っていない

目が笑ってない人の心理には、相手の話していることに対し心の中で「全く興味が無い」「話相手が嫌い」と言う心理を表していることがあり、愛想笑いになってしまうため目が笑ってない笑顔になってしまうと言われています。話している人にとっては興味があることでも、聞いている人にとっては全く興味が無いこともあり、聞かなくてはいけない状況にあるから仕方なく聞いているため、聞いている側の心理としては全く楽しくない、この場から早く立ち去りたいと思っている事も多いと言われています。

目が笑ってない人の心理③:冷静である

周囲の状況を探ろうと思っている冷静な心理状態である時にも、目が笑ってない人になっている事もあります。物事を冷静に判断しようとする気持ちが強くなりすぎ、話の流れで笑うことはあっても愛想笑いになってしまうため、目が笑ってない人になってしまうと言われてもいます。

目が笑ってない人の心理④:会話の意味が分かっていない

目が笑ってない人の心理には、会話の内容についていけず理解出来ていないことが原因であるとも言われています。また、自分と相手との間に距離感があったり、相手に警戒心を持っている場合なども原因と言われており、どちらの場合も、皆が笑っている理由が分からないけれど、笑わないとダメなのかと感じてしまい、その結果、目が笑ってない状態つまり作り笑顔になっていることが多くなっていると思われます。

目が笑ってない人の心理⑤:話に興味が無い・話をまともに聞いていない

自分が興味が無い話題もしくは会話の内容も大して面白くはないのだけれど、周囲の人達の反応を見て単に周囲の人達に合わせておけばいいという心理から、口角だけが上がり目が笑ってないという状態になるとも言われています。また、会話の内容に興味が無いことから話を聞いていないので意味が分からなかったり、上の空になってしまったり、会話をしている相手に対して興味が持てないということなどから、笑顔になっても目だけが笑ってないという状態になるとも言われています。



目が笑ってない人の性格の特徴

目が笑ってない人の性格の特徴①:目に特徴がある

目が笑ってない人の特徴の一つに目が大きい、または「この人には何もかも見透かされてしまいそう」などがあるとも言われています。どちらも魅力的だなと思うのですが、目が大きいだけで笑ってない様に見えてしまう事もあると言われています。見透かされてしまいそうな瞳をしている人は、内心では話相手のことをもっと知りたいと必死になっており、その気持ちだけが前に出すぎてしまい、他の方達から見ると目だけが笑ってない様に見えてしまうという可能性もあります。

目が笑ってない人の性格の特徴②:感情表現を表すのが苦手である

笑顔だけではなく、人によっては喜怒哀楽全ての感情表現を表すのが苦手と言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?ポーカーフェイスと呼べば格好良い表現かもしれません。気持ちの変化はあれど表情に出せないという方もいらっしゃると思われます。顔の表情で感情表現を表すのが得意ではない人は、普段から顔の筋肉を使っていないため、表情が余り変わらず笑っていても目が笑ってないように見えてしまうと言われています。

目が笑ってない人の性格の特徴③:目に生気を感じられない

笑顔に自信を持つ事が出来ないというのも目が笑ってない人の特徴の一つと言われており、「どういう顔で笑えば笑顔になるのだろうか?」と自分の表情のことばかりを考えてしまっている事もあります。更に、目が笑ってない人の中には精神的な問題や疲労、心に余裕が無い場合などにより、心の底から笑顔になれず、うつろな目になってしまったり目に生気が感じられないという状態を引きおこしている可能性もあります。



目が笑ってない人の相手に与える印象

目が笑ってない人の相手に与える印象①:心や頭で何を考えているのか分からない

目が笑ってない人の印象として、口元や声では楽しそうに笑っているのに、何故か目だけが笑っていないと、相手側から見た場合、何を考えているのか分からないという不安を与えたり、見せている表情と心の中が正反対の様に感じ、少し怖い人の様な印象を与えてしまうことがあると言われています。人に心を開けない人なのかな?という印象は、コミュニケーションを築いていく上で不利になるとも言われています。

目が笑ってない人の相手に与える印象②:冷たい人に見えてしまう

笑っていても目が笑ってない人というのは、良く言えば冷静な人に見えるようですが、表情の変化に乏しく不自然な笑顔だったりすると冷たい人という印象を与えてしまう可能性もあります。目が笑っていないと、相手の反応を特に気にしてしまう様なタイプの方からすると「もしかしたら怒っているのかも」「自分は嫌われているのかも」とまで思われてしまう可能性も高くなります。

目が笑ってない人の相手に与える印象③:距離を感じてしまう

目が笑っていないと、相手は自分との間に距離を感じてしまい、楽しくないのに笑っているんだなと判断され、愛想笑いをされた相手は自分には心を開いてくれていない・壁を作られている様な気持ちになることが多いと言われています。この様な印象を与えてしまうと、相手側も仲良くなることを躊躇ったり、距離をあけて付き合う様になってしまったりする可能性もあります。



目が笑ってない人の原因

目が笑ってない人の原因①:職業病

営業や常にお客様と接するような仕事をしている人は、笑顔で接することが癖になっていることが多く、笑顔が愛想笑いになってしまい、目だけが笑っていない場合があると言われています。友達との会話など楽しいと感じていてもいつもの癖で愛想笑いが抜けず目が笑ってない状態になってしまうこともあります。

目が笑ってない人の原因②:疲れてしまっている・気持ちに余裕が無い

寝不足で眠気に勝てない・色々とやるべき事が沢山あり気持ちに余裕が無い・話を聞くよりもゆっくりと休みたいなど、この様な場合も目が笑ってない原因の一つになると言われています。相手に合わせようと必死で笑っていても、心の中では本当は笑う余裕が無かったり、またストレスが溜まり自分のことを考えるのに精一杯である事も目が笑ってない原因だと言われてもいます。この状態は、相手の話に興味があるとか無いとかとは無関係である場合もあります。

目が笑ってない人の原因③:無意識に違うことを考えている

誰かと会話をしていても無意識の内に全く違うことを考えている場合、その場しのぎの笑顔になっているため目が笑ってない状態になるとも言われています。会話の内容が頭に入ってきていない状態なのに、相手が笑っているから、ただ合わせて笑っただけと言う場合があります。



目が笑ってない人が改善する方法!

目が笑ってない人が改善する方法①:イメージしてみる

自分が本当に愛おしいと思う人や動物に対しては無償の愛を与えたくなるものではないでしょうか?その人やペットを思い出した時の自分の笑顔をイメージしてみるのも改善方法の一つだと思われます。

目が笑ってない人が改善する方法②:気持ちのリフレッシュをする

身体が疲れている場合は充分な休息を取ったり、精神的な疲れを感じたらリフレッシュすることも必要です。今、笑うことが出来る精神状態ではないと言う場合は、気持ちをリフレッシュさせる事が大切だと言われてもいます。気持ちが元気になることでまた笑えるようになる可能性もあります。気持ちが原因でうまく笑えないという時は、焦らずゆっくりとご自分のペースでリフレッシュすることが良いと思われます。

目が笑ってない人が改善する方法③:思っている事を言ってみる

目が笑ってない人が改善する方法の一つとして、周囲を気にすることなく、自分の思っている事を言ってみるというのもあります。これは気を使いすぎることへの改善方法の一つでもあります。話についていかれない場合は、その通りに素直に言ってみたり、面白くないと思ったことには「そんなに面白いかな~?」とあくまでも冗談っぽく言うのも良いと言われています。

目が笑ってない人が改善する方法④:笑顔の練習をする

笑顔に自信がなく目が笑ってない状態になってしまっている人は笑顔の練習をすると良いとも言われています。目が笑ってない人は自分で思っているよりも顔が動いていない場合もあるようです。鏡の前で、口を隠した状態で笑ってみて目だけでも笑っている様に見えるようになれば改善方法の一つにもなりますし、また、口角をきちんとあげて笑うようにする、意識して前歯が見える様に笑顔を作るというのも自然な笑顔を作る練習の一つとも言われています。



まとめ

人間関係を円滑にするためにも、やはり笑顔は大切だと思われます。目が笑ってない人は相手に対し余り良い印象を持たれることがないので、ご自分に無理が無い程度で改善していくことが良いと思われます。時には自分の笑顔を鏡で見てチェックしたり、目が笑ってないなと思ったら笑顔の練習をしてみるのも良いのではないでしょうか?この記事が、素敵な笑顔を手に入れることのお手伝いになれば幸いです。

-人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。