人間関係

無視された!無視された時の対応や無視される特徴や理由・心理とは?対処法を知って乗り切ろう!

投稿日:

今まで仲良くしていたのに突然無視される様になってしまった、思いあたる理由が無いのに無視されたなどの経験をした人も少なくはないのではないしょうか。

無視された経験がある人でも、何故急に自分が無視される様になったのか原因が分からない場合もあると思います。

無視されると自分の存在価値について否定された様な気持ちになり、心底悩んでしまいますよね。

そこで今回は、「無視された時の対応や無視される人の特徴」「無視される理由や心理とは」及び「対処法」についてご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。



無視される人の特徴

無視される人の特徴①:見た目が恥ずかしい

見た目が恥ずかしいと言うのも人を無視する原因の一つです。

これは完全な先入観ですが、人が見て余り素敵だと思えない服装・髪型・化粧をしている、清潔感がないなどが理由にです。

今一度自分自身の姿全体を見直してみて、この理由が自分に当てはまる場合は、服装・ヘアスタイル・メイクなど雑誌を参考に「美」を意識するよう努力をしてみましょう。

無視される人の特徴②:自分から人に話しかけることが無い

周囲にいる人達から無視されている、もしくは特定の人から無視されている様に感じる事はありますでしょうか?逆に、ご自分から見た場合、その相手を無視しているという状態にはなっていませんでしょうか?

お互いに「あの人は自分から話しかけてくれない」、同様に相手も「無視されているのかも」と感じている状態になっている可能性もあります。

人見知り同士だとこの様な誤解が生まれやすいので、まずは笑顔で挨拶してみると変化が出てくるのではないでしょうか。

無視される人の特徴③:ネガティブ思考の人

無視される人の特徴としてネガティブ思考である事が原因の一です。

ポジティブ思考の人はネガティブ思考の人とは合わないと感じてしまい、無視をするという状態になってしまう傾向があります。

本来、会話と言うものはお互いに良い影響を与えるもので、話をする事で気持ちが元気になり前向きになったりする事がありますが、ネガティブ(マイナス)な事しか話さない人との会話は、聞いていて嫌な気持ちになったりする事も多いのではないでしょうか?

せっかくの楽しい友人達との会話の中で、気分が落ち込んだり、話した後に疲れてしまう様であれば自然とネガティブ思考の人を無視したくなる事が高くなります。

無視される人の特徴④:同じ話を繰り返す

無視される人の特徴として、同じ話ばかりを繰り返す事があげられます。この様な人に関わったら、自分の貴重な時間が勿体無いと感じる方もいるようで、聞こえなかったフリや無視をしてしまう事もあります。

自慢話を繰り返していたり、解決させる気も無い悩み事などを繰り返して話してばかりいるとい、話し相手からしてみると「また同じ話?」「その話、もう3度は聞いてる」となってしまいます。

すると次第に、またあの人に会うと同じ話を聞かされると思われた結果、気づかないフリや忙しいフリをされるという状況になっています。



無視される!無視する相手の心理とは

無視する相手の心理①:無視をして見下す・イジメようとしている

学生時代の運動部などでは場合によって上下関係があり、先輩には絶対服従しなければならないという経験をした人や、先輩であると言うだけで、挨拶しても返ってこなくて当然と言う風習の部活動も実際にまだあるのではないでしょうか。

しかし、この考えを社会人になっても持ち続け、部下や後輩などには挨拶されて当たり前と思っている人も少なくないです。
またご近所・ママ友関係でも、仲良し以外の人とは話や挨拶をしなくても良いと思っている場合もあります。

このように無視をする事でイジメのターゲットにしようとしているケースもあります。

イジメられる原因は様々だと思われますが、全く理由が無い場合は単に嫉妬によるものなど理不尽なケースもあると言われています。自分の性格や普段からの振る舞いを振り返り理由が思い当たらない場合、相手は無視されることで傷ついている人を見て楽しんでいるというケースも多く見られます。

学校であれば、こちらも無視して「無視してくる相手の関心を絶ってしまう」事を意識出来るかと思われますが、職場やご近所関係では難しい場合もあります。

無視する相手の心理②:面倒な事には関わりたくない

無視する相手の心理として、その場で権力を持つ人が無視している人と仲良くした場合、自分まで権力を持つ人に目をつけられ無視されるという事を恐れているケースもあります。

誰かひとりに無視をされていたのに、その人の周りにいる人も無視をするようになった、という場合、無視されている人の事を嫌っている訳ではなく、自分自身を守ろう・面倒なことにま巻き込まれたくないと思っている可能性があります。

無視する相手の心理③:関係を絶ちたいと思っている

無視する相手の心理として、関係を完全に絶ちたいと思われているケースもあります。

原因も非常に様々で、中には無視されている人には直接的な原因が無いこともありえると言われていますが、誰かに付き合いを止めるように言われた、仲良くする事で不利益が生じる、自分の事に集中したいだけなどが挙げられます。

指示された人を無視しないと今度は自分が無視されるなど、ママ友トラブルでは良く聞かれる話だと思われます。

単に自分の事に集中したいだけと言う場合は、仕事が多忙、何かの勉強に集中したいなど、今は出来るだけ周囲との関係を絶ちたいと思っている事もあります。

無視する相手の心理④:性格である

人との関係上、合う・合わないの相性と言うものは必ずを言っていいほどあります。

無視する相手の心理として、相手の事が生理的に嫌いというのがあるようで、見た瞬間に何となく嫌い・大嫌いだった人に似ているなどの理由から、わざと目を逸らしたり近づかないと言う事もあります。

更に、敵対心を出す訳でもなく、楽しく話しかけてくるのにも関わらず挨拶に関してだけは無視をするという事もあります。これは相手の性格ですから対処のしようが無いとも言われています。



無視される!そんな時の対処法とは?

無視された時の対処法①:挨拶だけする

人と人とのコミュニケーションで、まず大切なのは挨拶です。

自分に非が無いにも関わらず、挨拶しても無視されてしまう場合はどの様な対処法を使っても無駄になる可能性もあります。

極力関わらない様にするのが一番良い方法かもしれませんが、自分からも挨拶もしないと言うのは相手と同レベルになってしまうため、笑顔で挨拶するのが難しい場合は笑顔で目礼だけでもするのが良いかと思われます。

無視された時の対処法②:自分の事に集中するようにする

無視されると言うのは、相手が勝手にしている事で、ご自分は被害を受けていますが関わってはいないのです。

相手が勝手にしている事には関与しない、自分は自分だと考える、無視されると自分の中に原因があるのでは?と悩み傷ついてしまうくらいならば、気にしないよう、今するべき事に集中し淡々とこなして行く方法が良いかと思われます。

無視された時の対処法③:謝ってみる

無視された時に、相手が自分の何かに対して怒っている場合は、自分の言動を見直し謝ってみるのが良いでしょう。

特に仕事関係上、どうしてもこの関係を続けなければならないと言う場合は、自分が悪くないと思っていても、とりあえず謝るのが大人の対応かと思われます。

無視された時の対処法④:職場やママ友に無視された時

職場で無視されると、自分だけの問題では済まなくなる場合も多いです。

それが原因で自分の業務に支障が出てしまうような場合には、信頼出来る上司に相談してみる・通過儀礼的なイジメではないか検討してみる・とりあえず相手を定期的に褒めてみるなどを実践されると解決に繋がる場合が多いです。

ママ友に無視されている・イジメられている様な気がするとなった場合、一番厄介なのは「親は嫌いだけど子供同士は本当に仲が良い」と言うケースです。

自分達の問題のせいで、子供に「あの子と遊ぶのはやめなさい」と言う訳にはいかないと言う事もあります。ですが、学校生活において親同士の付き合いが必要なケースはそれほど多くは無いです。

授業参観・その他の行事においても他の親御さんとお喋りする必要はないですし、分からない事は学校に聞けば教えてくれるので、子供同士が親友であっても、お互いの親に会った事が無いという場合もあるのではないでしょうか?



無視される人が傷つかなくなる方法

無視される人が傷つかなくなる方法①:深く考えない

無視された時の対処法をご紹してきましたが、どの様な対処法を試してみても相手が全く変わらない場合は、その方の事で悩まされたりするのは時間の無駄と考え、世の中には色々な人もいるのだと自分の見方を変えてみるのもいいでしょう。

自分にとって誰が大切なのかを見極め、大切な人にだけ目を向ける様にするのも良いのではないでしょうか。

自分の良さを認めてくれる人達は他にも沢山いることを忘れない様にする事も傷つかなくなる方法の一つです。

無視される人が傷つかなくなる方法②:自分の気持ちを落ち着かせる

無視された時に傷つかなくなる方法の一つとして、無視されたからと言って自分を責めたりしないこと、マイナス思考にならない、トラウマやストレスの原因になっているものを取り払い自分の心を癒していくのを最優先にするのも良でしょう。

無視されたと感じた時や無視された事を思い出した時に、気持ちを落ち着かせ深呼吸してみる→自分の胸に手を当てて無視された不安を実感する→心の中で自分に「無視されたことがとても不安だったんだな」と語りかける、この語りかけを気持ちが落ちつくまで繰り返していると自然と不安が消えていくとも言われています。



まとめ

人は一人では生きていくことが出来ないからこそ、人間関係は難しいと感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

無視をする人によって嫌な気持ちになる事もあるかと思われますが、自分を責める必要も無く、必要以上に思い悩む事も無いかと思われます。

もしかしたら、自分の対応によっては時間と共に関係の改善が見られる場合もあるからです。

自分が無視をする事もされる事も無い人の場合でも、もし自分が同じ立場になったら?と言う事を考えるのも大切ですし、また無視する側、無視される側でもお互いの心理を理解する事も重要なのではないでしょうか。

-人間関係

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。