芸能

唐田えりかの評判が悪い?ソニー損保CM降板の理由は?韓国芸能事務所との関係?

投稿日:2018年7月5日 更新日:

2015年、ソニー損保CMで一躍話題になり、今や主演映画やドラマの主要キャストに抜擢されるなど、立派な女優さんとなった唐田えりか。
しかし、調べていくうちになにやら不穏な噂も・・・?


唐田えりかのプロフィール

名前:唐田 えりか(からた えりか)
生年月日:1997年9月19日
身長:167cm
スリーサイズ:B79、W58、H78
血液型:A型
趣味・特技:音楽鑑賞、書道、弓道
好きな食べ物:味噌ラーメン
苦手な食べ物:人参
好きなスポーツ:バドミントン

唐田えりかは、千葉県富津市のマザー牧場でアルバイトをしているときにスカウトされ、芸能界入りしました。

デビューは2014年。少女時代の「DIVINE」のプロモーションビデオに出演しました。
2015年には7月度ドラマ「恋仲」でドラマ初出演を果たします。

有名になったきっかけが、2015年9月に、CM「ソニー損保保険自動車保険」にオーディションを勝ち抜き抜擢され、出演するようになったことです。
とても透明感のある美しい女の子で、一気人気を集めました。


唐田えりかがソニー損保のCM降板の理由は?

そもそも、TVCMの契約の仕組みのお話です。
個人契約と思われがちですが、プロダクションに所属をしていれば、そのプロダクションの力でCMは取るようですね。
要するに、事務所のゴリ押しなどでCMをとるような傾向にあるようです。ですから、強い芸能事務所などは、売り出したい新人の女優さんをCMにガンガン出すわけです。

そこで、話を戻しますが、今回ソニー損保を降板になったのは、もしかすると事務所などとのトラブルの可能性があるのではないかと思い、少し細かく調べて見る、事務所を移籍していることが分かりました。
そのために事務所の推しがなくなり、CM降板に至った可能性が高いです。

唐田えりかと韓国芸能事務所の関係

唐田えりかは、元々所属していた芸能事務所がフラームという日本の芸能事務所でした。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、あの広末涼子のマネージャーをしていた方が独立して作った事務所なんですね。

勿論広末涼子さんを始め、吉瀬美智子など、層々たる面々が所属をしている事務所なのですが、どうやら現在はその芸能事務所からは離れてとある韓国の芸能事務所と契約を結んだようなのです。

それが、BHエンターテイメントです。
BHエンターテイメントと言えば、韓国の大手芸能事務所のようで、所属する俳優さんは、有名な方ばかりのようです。
例えば、イビョンホンさんなどが有名どころですね。


唐田えりかが評判が悪い?真相は?

彼女のことを、美少女と評価する人がいる一方で、かわいくないと酷評する人もいるようです。
確かに美しい顔をしていますが、万人受けする感じではないのかもしれませんね。

また、CMでのしゃべり方についてもあまり評判が良くなかったようです。
おっとりしすぎ、滑舌が悪い、棒読み、など、かなり特徴的だと話題になってしまいました。
こういったしゃべり方も、賛否両論を生む一つの真相かもしれません。

-芸能

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。