芸能

King Gnuキングヌー白日!読み方や歌詞・意味は?

投稿日:2019年3月29日 更新日:

坂口健太郎主演のイノセンス冤罪弁護士の主題歌にもなったKing Gnuの「白日」。
一度聞くと耳に残る歌だと思いますが、今回は、グループ名King Gnuの読み方や「白日」の歌詞の意味を調べていこうと思います。

King Gnuの読み方は?

King Gnuと書いてキングヌーと読みます。
King Gnuの名前の由来は

春から少しずつ合流してやがて巨大な群れになる習性を持っており、自分たちも老若男女を巻き込み大きな群れになりたいという思いから名づけられた

だそうです。

King Gnuの「白日」の歌詞

時には誰かを
知らず知らずのうちに
傷つけてしまったり
失ったりして初めて
犯した罪を知る

戻れないよ、昔のようには
煌めいて見えたとしても
明日へと歩き出さなきゃ
雪が降り頻ろうとも

今の僕には
何ができるの?
何になれるの?
誰かのために生きるなら
正しいことばかり
言ってらんないよな

どこかの街で
また出逢えたら
僕の名前を
覚えていますか?
その頃にはきっと
春風が吹くだろう

真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いているんだ

真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ
全てを包み込んでくれ
今日だけは
全てを隠してくれ

もう戻れないよ、昔のようには
羨んでしまったとしても
明日へと歩き出さなきゃ
雪が降り頻ろうとも

いつものように笑ってたんだ
分かり合えると思ってたんだ
曖昧なサインを見落として
途方のない間違い探し

季節を越えて
また出逢えたら
君の名前を
呼んでもいいかな
その頃にはきっと
春風が吹くだろう

真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
首の皮一枚繋がった
如何しようも無い今を
生きていくんだ

真っ白に全てさよなら
降りしきる雪よ
今だけはこの心を凍らせてくれ
全てを忘れさせてくれよ

朝目覚めたら
どっかの誰かに
なってやしないかな
なれやしないよな
聞き流してくれ

忙しない日常の中で
歳だけを重ねた
その向こう側に
待ち受けるのは
天国か地獄か

いつだって人は鈍感だもの
わかりゃしないんだ肚の中
それでも愛し愛され
生きて行くのが定めと知って

後悔ばかりの人生だ
取り返しのつかない過ちの
一つや二つくらい
誰にでもあるよな
そんなんもんだろう
うんざりするよ

真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いて行くんだ

真っ白に全てさようなら
降りしきる雪よ
全てを包み込んでくれ
今日だけは
全てを隠してくれ



King Gnuの「白日」の歌詞の意味は?

白日の歌詞中にある「君」に対し、楽曲の主人公は罪を犯してしまいます。

そして、「君」を失ってしまう主人公の心情が綴られていますが、白日はまさにイノセンス冤罪弁護士にぴったりな曲だと思います。

無意識のうちに「君」を傷つけ、それを後悔しても犯してしまった罪は消えることはありません。
罪を犯してしまう前の関係に戻りたくても、叶わず、前を向いていこうと思っても季節は冬。

希望も持てずに「君」を失ったってしまった自分の無力さを痛感させられます。
また「君」にいつかどこかでばったり会うことができたらという儚い思いを持った主人公。

何度も何度も前に進もうとするものの「君」の面影がちらつき、無意識に犯してしまった罪への後悔や葛藤に苦しめられます。

インタビューでKing Gnuが

“心の襞にそっと寄り添い手を
差し伸べてくれる存在を大切にしたい”

という発言をしており、最後のサビには

全てを包み込んでくれ
今日だけは全てを隠してくれ

というフレーズがありますが、主人公の罪に対する気持ちにそっと寄り添ってくれる「君」以外の誰かが現われ、許されるのならばその誰かに寄りかかりたい、1日だけでいいから罪から解放されたいという思いがあるのかもしれません。



King Gnuの「白日」のまとめ

「白日」は知らぬ間に無意識のうちに犯してしまう「罪」に対する後悔の念や、それに苦しむ様々な感情を表した曲だと思います。

まだあまり知られていないKing Gnuですが、人気急上昇間違いなしなのではないでしょうか。
これからの活躍に期待です!

-芸能

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。