芸能

間宮祥太朗の目が一重から二重にアイプチ?歌が上手い!弾き語りの曲名は?

投稿日:

「半分、青い」に出演し、独特の存在感で周りの人を魅了している間宮祥太郎。人気上昇中の若手俳優の1人として注目されています。そんな間宮祥太郎の目が一重から二重になったという噂が出ているようです。他にも歌が上手いとか、弾き語りができるなどという噂もあるよう。そんな気になる間宮祥太郎の噂についてご紹介していきます。

間宮祥太朗のプロフィール

間宮祥太郎(まみや しょうたろう)は、本名 馬渡 祥太朗(まわたり しょうたろう)。1993年6月11日生まれの現在25歳。神奈川県横浜市出身。身長178cm、血液型O型。間宮祥太郎は、小学生の頃から映画に興味があり、将来は映画に関わる仕事がしたいと考えていた。中学生時代に雑誌「Hana-*chu→」で読者モデルとなる。2008年ドラマ「スクラップ・ティーチャー~教師再生」で俳優デビュー。2016年ドラマ「ニーチェ先生」でドラマ初主演を果たす。2017年には映画「全員死刑」で映画初主演している。

間宮祥太朗の目が変わった?

ネット上の噂によると、間宮祥太郎の目が一重から二重に変わったのでは?という噂があるようです。芸能人が目をはっきりさせる為に整形することはよくある話ですが、間宮祥太郎の場合はどうだったのでしょうか。間宮祥太郎の過去の画像を見たところ、きりっとした一重の印象があります。

それに対し、今の画像を見ると、目が二重で柔らかい印象があります。画像は写り方によっても見え方が変わりますが、明らかに目の印象が違うのは分かります。それが整形によるものなのか、アイプチなどによるものなのかは分かりません。いずれにせよ、間宮祥太郎のイケメンぶりに影響はないので、ファンとしては問題ないのかなと感じました。

間宮祥太朗は歌がうまい?

間宮祥太郎は、ドラマ「半分、青い」での役どころの中で、ギターの弾き語りをしています。クイズ形式のような形で3曲弾く場面があるのですが、セナがピアノで弾いていた曲「Sobani Iteyo」の一部を弾き語りしたそうです。

イケメンの間宮祥太郎がギターを弾けるだけでもかっこいいですが、その歌声がまた良いのだそうです。ギターを弾ける位ですから音感はあるでしょうし、歌が上手いのも納得できますね。今後、俳優だけでなく、音楽の分野でも活躍することがあるかもしれませんね。

間宮祥太朗が『半分、青い』で披露した曲は?

間宮祥太郎は「半分、青い」の中の役どころでギターの弾き語りをしていたのをご存知でしたか?ドラマの中で、「この曲なんだ?」とクイズのような形で始まった弾き語りだったそう。

最初の曲は、誰もが知る名曲「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブストーリーは突然に」でした。弾き語りはまだ続き、次の曲はミステリーのテーマ曲のような曲でした。そして、最後はまたドラマの主題歌に戻り、ドラマ「ロングバケーション」でセナがピアノで弾いていた曲「Sobani Iteyo」でした。綺麗なメロディーラインと切ない歌詞で人気があった曲です。

まとめ

間宮祥太郎についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?人気ドラマに出演したことで益々注目されており、今後の活躍が楽しみです。

-芸能

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。