ジャニーズ SixTONES

SixTONESとSnowManのCDの売上がずるい!ミリオン達成は合算?比較できない理由は?

投稿日:2020年2月22日 更新日:

SixTONESとSnowManのCD売上がずるい!と世間から騒がれていますね。
2020年1月22日にデビューを果たし、わずか1日でCD売り上げが77,3万枚と売り上げました。

その後も発売3日でミリオンも達成しました。
CDはSixTONESがメインとなっている『Imitation Rain』とSnowManがメインとなっている『D.D.』
の二種類で発売されましたので、どちらのCDを購入してもどちらのCDも入っているということです。
つまり、売り上げの集計方法は合算となっています。



比較できない理由は?

オリコンの集計方法は、日本独自のやりかたで行われます。
また単純にオリコン集計協力店のレジを通ったものと、ネットで購入されたものとなっています。

ビルボードの場合はCDだけでなく、様々な音楽メディアを総合的にカウントされており、CDショップやCD通販、Twitterでのツイート、カラオケのリクエスト回数などなどを合わせて集計されています。

実際にオリコンとビルボードでは集計方法が違うので、どちらかのランキングでは一位だけどもう一つでは二位などという過去の事例があるみたいです。

つまり結論としては、正確にはSixTONESとSnowManのCD売上は比較できないということになります。



SixTONESとSnowManのCD売上枚数は?

2020年2月9日時点のオリコンランキングでは
Imitation Rain(SixTONES)/D.D. 76,653枚を売り上げています。
こちらはSixTONESがメインとなっているCDですので、SixTONESのCD売り上げと考えてもらって構わないでしょう。



SixTONESの売上枚数

1月までの最新情報では586,350枚売上ています。

SnowManの売上枚数

こちらも同じく1月の最新情報では569,152枚売上ています。



SixTONESとSnowManのCD売上枚数の差は?

SixTONESとSnowManのCD売り上げ枚数の差は、1月の時点ではSnowManは569,152枚、SixTONESは569,152です。
569,152-569,152=510,802枚で、SixTONESの方が売り上げ枚数が多くなっております。



SixTONESとSnowManのCD売上がずるい?理由は?

SixTONESとSnowManのCD売上枚数がずるい理由①:売り上げが合算だったから

CDの売上枚数がずるいと言われている理由に、売上が合算だったからとされています。
現状、メディアやニュースなどでは、いつもCD売り上げ枚数は合算されたものが発表されています。
そのため、他グループのジャニーズファンなどから、“ずるい”と言われています。
ジャニーズ事務所側はそれもひっくるめて、話題となるのであえてそうしたのかもしれませんね。

SixTONESとSnowManのCD売上枚数がずるい理由②:ハイタッチ券と抽選が理由

2つ目の理由として、ハイタッチ券と抽選が理由と言われています。
「ハイタッチ券が封入されていること」「ハイタッチ参加は抽選で決まること」とされているからです。

CDについているハイタッチ券は抽選だから買っても当たるかどうかわかりません。
ですが抽選でもファンはみんな少しでも会えるなら、推しに会いたいですからね。
SixTONESとSnowManはレコード会社も違いますから、「AKBの握手券よりよっぽどずるい」などという声もあがっています。



SixTONESとSnowManのCD売上枚数は歴代ジャニーズの売上枚数と比較できない?

CDが売れない今の時代に3日間でミリオンを達成するなんて、ジャニーズ初のことです。
ですが、SixTONESとSnowManのCD売上がずるい!と批判の声が上がっています。
歴代ジャニーズのデビュー曲で初売上ランキング1位は、KAT-TUNの(Real Face)でしたが、その記録をSixTONESとSnowManはわずか1日で上回っています。

そんなことから、他のジャニーズグループのファンからは、「納得いかない」「今までやってきた先輩グループがかわいそう」「KAT-TUNの一位のだった記録がどんどん塗り替えられていくなんて辛い」「一緒に出したら、そりゃ一位取れる」などという声から合算なんてずるいという声が上がっています。

SixTONESとSnowManのCD売上は歴代ジャニーズとは比較できません。
オリコンの集計方法は、日本独自のやりかたで行われます。
また、単純にオリコン集計協力店のレジを通ったものと、ネットで購入されたものとなっています。

SixTONESはSnowManのカウントはこれまでのカウントの方法とは全く違うので、正確にはSixTONESとSnowMan、そしてジャニーズの先輩たちとのCDの売上は比較できません。



まとめ

SixTONESとSnowManのCD売上がずるい!ということについてご紹介しましたが、結果としてはSixTONESとSnowManのCD売り上げは合算でCDはハイタッチ券と得点付きで集計方法は会社によって異なることで比較が難しいということがわかりました。

しかし賛否両論あるにしろ話題となっていることには違いはなく、CD売上が合算ですが売れていることにも違いはありません。
そんな常にお新しいことに挑戦し続ける彼らに今後も注目は集まり、ファンは増えていくでしょうね。

今後も活躍が楽しみです。

-ジャニーズ, SixTONES

Copyright© Glitter Infomation , 2020 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。