スポーツ

大船渡出身!佐々木朗希(ろうき)出身中学や最速急速・球種や動画

投稿日:

2019年度のドラフトの目玉として注目を集めている岩手県立大船渡高校の2年生佐々木郎希。初球から153キロのストレートを投げるその能力は、既に高校球児の枠を超え、大学生を含めてもトップクラスに入るといわれています。そんな佐々木朗希についてご紹介していきたいと思います。

佐々木朗希投手のプロフィール!

佐々木朗希のプロフィールについて紹介していきます。佐々木朗希(ささき ろうき)は、岩手県陸前高田市出身で、2001年11月3日生まれ現在16歳です。身長は189cm、体重は81kg。野球でのポジションはピッチャー。

小学校3年生から野球を始める。9歳の時、東日本大震災が起き、佐々木朗希が住んでいた陸前高田市も被害を受ける。その後、引っ越しをして岩手県大船渡市に住まいを移す。

中学生時代も引き続き野球を続けたが、この時は軟式野球部に所属していた。軟式ながら、中学時代に141キロをマークしていたという。中学3年生の夏には、オール気仙のメンバーとしてKB東北大会に出場し、準優勝に輝く。

佐々木郎希投手の出身中学は?

佐々木朗希が通っていた中学校について調べてみたところ、大船渡市立第一中学校出身ということが分かりました。佐々木朗希投手は、中学時代に141キロをマークした逸材ですから、この時点で佐々木朗希の名前は全国の強豪校に知れわたっていたそう。確かに、こんな逸材であれば、注目されて当然ですよね。

でも、佐々木朗希本人は、中学でやっている野球が楽しく、一緒にやっている仲間と甲子園にいきたいという思いがあり、地元の県立大船渡高校に進学し野球を続けているのです。野球はチームプレーですから、特に学生のうちは仲間との絆を大切にする気持ちは分かるような気がします。

佐々木朗希投手の最速の球速

16歳にして、身長189cm、体重81kgと恵まれた体格をもち、中学時代に141キロをマークした佐々木朗希。高校2年生になり、更にすごい記録を生み出しているのではないでしょうか。佐々木朗希の最速の球速を調べてみましたが、高校1年生の時に147キロをマークし、2018年7月10日現在の高校野球岩手大会2回戦では、150キロをマークしたそうです。しかも、連発していたというのですから、本当に驚きですね。

佐々木朗希投手の球種

高校2年生にして既に150キロをマークした佐々木朗希。プロ野球で活躍中の大谷翔平も高校2年生の時に151キロをマークしていたそうです。今回、佐々木朗希が最速154キロをマークした球種はストレート。その他に、スライダー、フォークがあります。決め球としてはやはり最速のストレートになるようです。

佐々木朗希投手の投球動画は?

佐々木朗希投手は大阪桐蔭からも誘いがあった?

佐々木朗希は、中学時代に141キロをマークしたことで、全国の強豪校から注目が集まったのは容易に想像できます。甲子園の常連校である大阪桐蔭からお誘いがあってもおかしくない話ではないでしょうか。実際、佐々木朗希が中学時代、大阪桐蔭の監督が佐々木朗希の元を訪れていたそうです。もしかすると、他の強豪校も同じように訪問していたかもしれませんね。

まとめ

逸材というのはどの世界でも次々に輩出されるものですが、佐々木朗希もその1人といえるのではないでしょうか。本人はプロ野球選手の夢がありますし、大谷翔平に続くヒーローが生まれるのはそう先の話ではないかもしれません。

-スポーツ

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。