イベント・観光

男鹿水族館GAOの入場料金や営業時間・見どころは?行き方や道のりもご紹介!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

秋田県男鹿市といえば、秋田県の地図に向かって左側にぴょこんと飛び出ているのが印象に強いですが、そんな男鹿市にあるGAO水族館にあなたはもう行ってみたでしょうか?

もし、あなたが「これから行くんだ☆」「行ってみたいと思っている」「興味がある」というならば、実際に行った私の率直な感想などを交えながらご紹介していきますので、ぜひこの記事を参考にしてみてくださね^^

 

秋田県男鹿水族館GAOの開館・閉館時間は?

男鹿水族館GAOの営業時間は、基本的に9時~17時までです。

ただ、11月~3月上旬までの期間は9時~16時になっていますので冬の間に行くという場合は営業時間に気を付けましょう。

開館は9時ですが、ゴールデンウイークや夏休みなど長期休みの時以外は開館前に長蛇の列ができているということはほとんどないので、比較的スムーズに入館できます。



秋田県男鹿水族館GAOの入場料金は?

入り口にはいると、入場券を購入することができる発券機が設置されているのでそこで入場券を購入します。

大人は1人1,100円。小・中学生は400円です。未就学児は無料なので、お子さんが来年小学生になる!という人は入場料金が無料の6歳までの間を狙っていってもいいかもしれませんね。

入場券を無事に購入することができたら、近くの係の人に券を切ってもらって入場です☆

秋田県男鹿水族館GAOのガイドマップ

秋田県男鹿水族館GAOのトイレは?

水族館だけではなく、遊園地などではトイレは比較的重要だと個人的に思っています!その場を楽しみたいけれど、お腹がソワソワしてしまうと心の底から思いっきり楽しむことはできないという人も多いのでないでしょうか?

時に、トイレトレーニング真っ最中の子供がいたり、おむつを外すことができない赤ちゃんがいると、更にトイレはとても重要なものだと思います。

いざというときに焦らなくて済むよう、トイレの場所は頭に入れておくようにしましょう。

GAOのトイレですが、一階と三回に各1箇所のみになります。

一階のトイレは入場したエントランスにあり三階はアマゾンコースにあります。

秋田県男鹿水族館GAOの授乳室は?

授乳中だと授乳するタイミングや場所も限られてきますよね。

GAOには授乳室はありますが、一階のエントランスにあります。

水族館を楽しむ前に、授乳をしておくことをおすすめします。

秋田県男鹿水族館GAOにレストランはある?

長期休みは水族館に入る前の入り口付近に出店が出ていることがあり、出店の周りに簡易的な飲食スペースが設置されています。

また館内にもレストランがありますが、レストラン自体は大きくはないので、混みそうな時間を避けて食事をしたほうが良いでしょう。

また、一階にあるお土産コーナーには、GAOの目玉商品「豪太ソフトクリーム」が販売されており、見渡すと座れる椅子が設置されているのでそこで食べることもできます。

ちなみに「豪太ソフトクリーム」は、塩バニラアイスで濃厚なミルクのなかにほんのりしょっぱさを感じられる病みつきになるソフトクリームです。

GAOに行ったなら絶対に食べてほしい一品です!



秋田県男鹿水族館GAOでの禁止事項や注意点

可愛い生き物たちを写真におさめたい!記念に撮影したい!という人も多くいると思いますが、館内にはフラッシュ撮影が禁止の場所が多くあります。

また、館内は全館禁煙です。

観覧中の飲食の禁止をされているので気を付けましょう。

秋田県男鹿水族館GAOまでの行き方は?

GAOまでの道のりは、車酔いをしやすい人にはちょっと大変なグネグネ道です。

GAOに行くみは2つの道があり、比較的道路が直線で道幅が広く時間短縮ができる「なまはげライン」か、海岸線を走る「門前経由」があります。

私は2通りの道を知っていますが、個人的におすすめするのは「なまはげライン」です。

なまはげラインは、やはり時間短縮ができてグネグネだとしてもそこまでグネグネはしておらず、周りは田んぼの田舎道なのに対し、門前経由は山を開拓して作ったであろうグネグネが果てしなく続きます。

さらに登ったり下がったり曲がったりが非常に多く、海岸沿いで山を越えるということもあり高い場所まで登ります。

私が門前経由で行ったときは、雲が下にありました。そのくらい高いところまで登ります。

しかし景色はとてもキレイで、観光名所の「ゴジラ岩とガメラ岩」を見ることができます。

デートでGAOに行くとしたら門前経由がおすすめですが、男女ともに高所恐怖症だという場合や運転に自信がない人、車酔いしやすいという人はなまはげラインを強くおすすめします。

ちなみにどちらの一車線が永遠に続きます。途中で引き返すことは難しいので、経路は難しくはありませんが自分に合った方を選びましょう。



秋田県男鹿水族館GAOの見どころ

やはりホッキョクグマです!はじめは一頭でしたが二頭になり、タイミングがいいとプールやおもちゃで遊ぶ姿を見ることができます。エサの時間は特におすすめだそうなのですが残念ながら私が行ったときにはすでにエサの時間が終わってお昼寝をしてる最中でした…( ノД`)シクシク…

しかし、GAOの見どころはほかにもあります!高さ8Mもある巨大水槽には40種類2000匹の魚が優雅に泳いでおり、アマゾン川に生息する巨大な魚もいます。

ペンギンもたくさんいて泳ぐ姿も飛び込む姿も立っているだけの姿も非常に愛くるしく、なまこやウニを実際に触ることが出来るブースもあります。

秋田県男鹿水族館GAOのコーナー紹介

経路順にあるブースを紹介していきます。

男鹿の海大水槽→日本の海水魚→秋田の森と川の魚→日本海の海底→サンゴ礁の生き物→アマゾン→ホッキョクグマ広場(上やらホッキョクグマを見ることができます)→ホッキョクグマ水槽(ホッキョクグマの泳ぐ姿を見ることができます)→ペンギン→クラゲ→ハタハタ博物館→タッチプール(実際になまこやウニを触ることができます)→ゴマフアザラシ展示場(ゴマフアザラシを見ることができます)→カリフォルニア展示場(カリフォルニアアザラシを見ることができます)→水中観覧スペース(ゴマフアザラシやカリフォルニアアザラシが泳いでいる姿を窓越しに見ることができます)



秋田県男鹿水族館GAOのまとめ

GAOに行くまでの道のりは私には少し辛かったですが、GAOにはたくさんの生き物がいて空間も幻想的でした。

GAOのおすすめはホッキョクグマですが、すみません、、、タイミングが悪くお昼寝中の姿しか見ることができなかったので、今のところの私のお気に入りはペンギンです。よちよち歩きなのに水中に入った瞬間機敏な動きに魅了されます(ワラ)

 

 

-イベント・観光

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2019 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。