イベント・観光

三重県なばなの里ほたる祭りの見ごろと内容!周辺情報

投稿日:2018年6月9日 更新日:

初夏の風物詩、「ホタル鑑賞」。

家族や恋人とぜひ行ってほしい、鑑賞スポットをご紹介します。

なばなの里のほたるまつり

大阪から車や電車で約2時間半の場所にある、イルミネーションで有名な【なばなの里】では、期間限定〈例年5月末~7月上旬〉でホタル観賞が出来る「ほたるまつり」が開催されます。

その中でも、最大の見頃は6月上旬ごろからです。

日もすっかり落ち、暗くなった20時頃からたくさんのホタルが、優雅に目の前を飛び交います。

なばなの里のほたる鑑賞エリアは?

入場ゲート入ってすぐのカフェ付近や、園内奥へと続く小川周辺、日本最大級とも言われる花広場(あじさい・しょうぶ園)周辺です。

水辺の多い箇所で夜はひんやりとするので、羽織物が一枚あると安心かと思います。

なばなの里のほたるの種類は?

【なばなの里】で見られるホタルは、「ゲンジホタル」と「ヘイケホタル」の2種類です。

それぞれ体長や模様が異なり、発光量もゲンジホタルの方がヘイケホタルより強いようです。

そこで、ゲンジとヘイケで思い浮かぶのは、かの有名な「源氏」と「平家」だと思いますが、それぞれの名前の由来は、まさしく、この「源平」だと言われています(諸説あり)。

そして、源平合戦で負けた平家の名前から、一回り小さいホタルをヘイケボタルにしたそうです。

葉の裏に止まったホタルを見つけたときは、どちらの種類のホタルか、そっと観察してみるのもいいかもしれませんね♪

そして、ホタルの寿命は成虫になってから1~2週間と言われています。

光や大きな物音を苦手とするので、鑑賞中は静かに、そして写真を撮りたい気持ちは抑えて、ご自身の目でしっかりとご覧いただき、幻想的で優雅な時間を楽しんでください。

イベント情報

また、この時期は、ホタル観賞と共に「あじさい・花しょうぶまつり」も開催されていますので、日中は色とりどりの花を、夜は優雅に舞うホタルをと、一日中満喫できることだと思います。

周辺情報

この【なばなの里】は、長島リゾート内の一施設となっているので、周辺にはホテルやショッピングモール・温浴施設や遊園地など、観光スポットが盛りだくさんです!

「楽しむ」「癒される」「泊まる」「買う」すべてが一か所で出来るので、3世代そろっての家族旅行や友達とのグループ旅行など、様々な年代の方が楽しめる場所だと思います。

アクセス

【なばなの里】へは、大阪方面からだと車・電車共に約2時間半ほどで到着します。
車利用の場合は無料大駐車場(3000台)が完備されていますし、電車利用の場合は、JR名古屋駅や近鉄桑名駅より直行バスも出ていますので、交通アクセスも充実しています。

ぜひとも、この夏の夜の絶景をお楽しみください!!

【なばなの里】
三重県桑名市長島町駒江漆畑270
TEL:0594-41-0787(代)

 

-イベント・観光

Copyright© 知識は自分の得になる!! , 2018 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。