友達

上辺だけの友達の特徴と付き合い方!見分け方 や本当の友達になる方法は?

投稿日:

本当に友達だと思える存在の人はあなたにはいますか?友達とはいうものの、友達にもいろいろあります。
今回は、上部だけの友達の特徴と付き合い方や見分け方、本当の友達になる方法をご紹介していきます。

上辺だけの友達とは?

上辺だけの友達とは、表面的・見かけ上の友達のことを指します。
深い付き合いをして、お互いに信頼し合える関係の友達がいる一方で、知人や知り合いと言うお互いに当たり障りの無い範囲で付き合いをしている人も少なくはないでしょう。

お互いを信頼し合えず、悩みを打ち明けたり気軽に相談事など出来ない関係を上辺だけの友達と呼びます。
また一見、仲は良さそうに見えるのに相手を嫌っていて影では悪口を言っていたり、嫌がらせをしているケースもあります。

上辺だけの友達の特徴

特徴①友達の友達である

友達関係の中で、友達の友達とコミュニケーションを取る機会もあるのではないでしょうか?

友達を介しての友達の場合、相手が合わないと思っても第一の友達との関係を壊したくないため、無理に親しい間柄を演じる事が出てくる事もあります。

友達を介しての友達の場合はどうしても疎遠になりやすく、上辺だけの付き合いになる可能性が高いです。

特徴②一方的すぎる

上辺だけの友達の特徴として、片方が一方的な気持ちである場合もあります。

友達と、持ちつ持たれつの関係であれば問題は無いですが、自分ばかりが相手から要求ばかりされ、逆に同じ要求をしてみたら断られることもあるでしょう。
本当に悲しい時や苦しい時に「力になりたい」と思えないなど、何かをお願いしたい・助けて欲しいと言う時だけ友達に連絡したりするのも上辺だけの付き合いです。

友達を利用したり、都合の良い時だけ連絡したりすると、片方が振り回される関係になってしまい、やがて距離が離れていきます。

特徴③深い話や悩み事は相談しない

上辺だけの友達の場合、友達関係であっても相手に心を開く事はありません。

深い話や悩み事があっても話をする事が無く、いつも他愛のない話ばかりする友達の関係は上辺だけの付き合いである可能性が高いです。

また、上辺だけの友達は悩みを相談しても親身に話を聞いてくれない可能性もあり、適当に相槌を打って誤魔化す事が多いです。

特徴④プライベートに介入しない

上辺だけの友達の場合、プライベーとのことは話してきません。また、相手に対しても介入してきません。
上辺だけの付き合いなので、相手に興味が無く、自分のプライベートにも口を出されるのが面倒だと思っていることがあります。

特徴⑤相手の事を否定しない

親しい友達関係の場合は、「それは違う」「間違ってるよ」と親しいからこそ意見することもありますが、上辺だけの友達の場合は関係が浅いため、相手が間違っていようが自分には関係ないと、無関心な部分があります。

上辺だけの友達は、いい意味でトラブルに発展しづらいですが、肯定ばかりする傾向が多いです。

特徴⑥周囲の目を気にする

周りの目を気にする余り、仲が良くなくても仲が良いフリをすることもあります。
上部だけの友達が多い人は、特に友達関係のグループから除外される事を恐れているため、周りに孤立していると判断されるのを嫌がるので上辺だけの付き合いをすると言う事もあります。

学校のクラスや会社の部署などで孤立するのが嫌だから取りあえず友達が欲しいと言う理由で、上辺だけの友達を作る傾向があります。

上辺だけの友達に使いがちな言葉

言葉①当たり障りの無い言葉

当たり障りの無い言葉は揉め事やトラブルに発展しにくいため、円満な人付き合いをするにはとてもラクです。

「大変だと思うけど頑張ってね」などの言葉は、本当に大変だと思うのであれば力になってあげたいと思うのが親しい友達関係なのではないでしょうか?

また、真剣に悩みを相談したりしている友達に対し、当たり障りの無い返答ばかりするのも上辺だけの付き合いなんだなと思われてしまいます。

言葉②親友だよねと念をおす

上辺だけの友達に使いがちな言葉の一つに「親友だよね」と言う言葉があります。

本当の親友ならば、「親友だよね」と念を押す必要は無く、親友ではないと感じていたり友情に不安があるからこそ、この言葉を使います。

言葉③返事が適当すぎる

上辺だけの友達は、人の話を真面目に聞かない傾向があります。
信頼して悩みなどを話したのにも関わらず「へえ」「ふーん」と適当な返事をします。

上辺だけの友達を持つメリット

メリット①色々な話を聞くことが出来る

沢山の人と広く浅く付き合う事により、自分とは違う職業や、自分が体験した事の無い話などを聞く事ができるため視野が広くなり自分の人生観や世界観が広がる可能性があります。

メリット②自分の生活が他の人により左右されない

上辺だけの友達を持つメリットは人と深く関わる事がないため、自分の事を他の人に知られる事が少ないです。

深く詮索される事が無いので、自分のプライベートな時間を邪魔される可能性も低くなります。

更に、相手の事を深く知る必要も無いため、相手の欠点も気にならず、意見が合わなくても許せないと言う事も無くなり、ドロドロとした関係を生まずにすみます。

上部だけの友達を持つデメリット

デメリット①信頼関係が無い

上辺だけの友達を持つデメリットは、信頼関係が築けず心から打ち解ける事が無いことです。
例えば、仕事を分担した場合や悩み事の相談などの場面で、コミュニケーション不足となりお互いに助け合う事が出来ない関係になりやすいです。

デメリット②深く付き合える関係になれない

上辺だけの友達というのは、友達関係のグループから離れてしまうと、他で新しい交友関係を築く傾向があるようす。
その後はお互いに連絡を取り合うと言う事も少なくなり、会わない期間が長くなるので疎遠になりがちです。
元の友達関係のグループからは、自分自身の存在を忘れられて行く可能性が高くあります。

上辺だけの友達しかいない人の特徴

特徴①周囲の目を気にする

周囲の目を気にする人は、人から良く見られたいという気持ちが強いため、本当の自分を見せる事を恐れています。
また、容姿や勤務先など外見やステータスで友達を選ぶという事もあります。

素敵な友達に囲まれた自分を周囲に見せたいという欲求があるので、もし性格が合わなければ上辺だけの友達関係しか築けなくなる可能性もあります。

特徴②本音を言わない人

人は誰でもある程度は本心を隠し、本音と建前を使い分ける事を身につけて行きます。

本音を言わない人は周囲に合わせるのが上手いため、傷つく事も批判される事も少なくなりますが、やはり「何を考えているのだろう」「信用出来ない」と警戒され上辺だけの友達しかいないという状態になる可能性が高くなります。

信頼関係という友情の基本が、本音を言わない事で築けないのです。

特徴③マウンティング好き

マウンティング好きな人は、自分より上だと思う人には媚び、自分より下だと思う人には見下すと言動が見らます。

自慢話や相手を見下す発言をして優越感に浸る傾向があるので、相手にはバレていて不快な思いをさせている事が多いです。

特徴④人の悪口・陰口を言う

友達と会う度に、その場にいない人の悪口や陰口を聞かされるのは、相手にとってストレスが溜まる事でもあります。
また、人の悪口を言う人は、本人に直接言わずに上辺だけは友達の様に振舞う傾向があります。
このような良い人ぶりは、信用されないことにつながりますが、こうすることで人間関係を保つことに必死になっています。

特徴⑤人を蔑んだり、人の噂話を好む

マウンティング好きな人と同じ様に、人を蔑むのは自分が優位に立ち相手を見下したいからです。
また友達関係の中に噂話が好きという方がいる場合、誰もが噂はされたくないので本音は話さず上辺だけの付き合いになってしまう傾向もあります。

特徴⑥友達の数が多い

広く浅い付き合いを好む傾向があるため、友達の数は多いですが、本音で語れない上辺だけの友達しかいないという可能性があります。

上辺だけの友達はいらない!本当の友達を作る方法

方法①交友関係を広げてみる

自分の周囲に上辺だけの友達しかいないと感じた場合、交友関係を広げたり、自分から積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。

今まで参加した事がないオフ会や趣味を通してのイベントなどで、自分と相性が合う友達が見つかる可能性があります。

積極的にコミュニケーションを取るようにしてみると、相手と親密度が増し上辺だけの友達ではなくなるでしょう。

方法②自己分析をする

自分に上辺だけの友達しかいない理由には、自分自身の言動や態度などに問題がある場合かあります。
まずは、自分が相手からどのように見えているのかを自己分析をしてみましょう。

自分を見つめ直す事はとても重要です。
自己分析の結果、相手の話を真剣に聞いていない、悩みに対して当たり障りのない事しか言っていない、など、自分自身の言動や態度を知ることができます。

方法③友達にしてあげられる事を考えてみる

自分に上辺だけの友達しかいないと感じる場合は、友達が困っている時・悩んでいる時に助けてあげましょう。

楽しい時や喜んでいる時は誰でも共有しやすいものですが、いざと言う時にお互いを思いやる事により関係が深まる可能性もあります。

また、関係を深めたいと思う友達がいる場合、積極的に二人の時間を持つ事も良いでしょう。

本音や悩み事など大人数でいる時よりも話しやすく、本音でお互いをさらけ出せます。
意見の食い違いなどで衝突する事があったとしても、本音を言えたことでお互いのことを良く知るいい機会にもなり、仲が深まっていきます。

まとめ

全ての友達と深い友情で結ばれるのはとても難しい事です。
上辺だけの付き合いが生じてしまうのも仕方がない場合もありますが、上辺だけの付き合いだ感じた時には、このままの関係を続けていくのか友達としての縁を切ってしまうのか考えることも必要です。

今、自分に上辺だけの友達しかいないという場合は、今後付き合いを深めたり、自分の方から変わっていく事で本当の友達が出来る可能性もあるので、今一度『友達』について良く考えてみるようにしましょう。

-友達

Copyright© Glitter Infomation , 2020 AllRights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。